新着Pick

食品株に高い銘柄目立つ、緊急事態宣言を想定した買い流入

Reuters
[東京 6日 ロイター] - 6日の東京株式市場では、味の素<2802.T>、ニチレイ<2871.T>、日清食品ホールディングス<2897.T>など食品株に高い銘柄が目立つ。政府が緊急事態宣言に踏み切る意向との報道が相次ぎ、宣言が現実になって外出自粛が強化された場合、家庭用食品の需要が拡大すると想定されるため、買いが流入した。ディフェンシブストックとしての側面が強調されている。
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
買占めはやはりかっこよくないですね。
生産現場や物流業界でも新型コロナの影響は出ていますし、過剰な心配から必要以上に買いだめするという動きは避けたいですね。
株式会社ニチレイ(英語: NICHIREI CORPORATION)がグループを統括する持株会社を担い、主に4つの事業会社が(1)加工食品事業、(2)水産・畜産事業、(3)低温物流事業、(4)医薬品・機能性素材事業などを行っている。日本で初めて冷凍食品を作った企業であり、冷凍食品事業および低温物流事業において国内最大手である。 ウィキペディア
時価総額
4,167 億円

業績

味の素株式会社(あじのもと、英語: Ajinomoto Co., Inc.)は、日本の食品企業。「味の素」は、同社が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料で、同社の登録商標(登録番号第34220号他)。 ウィキペディア
時価総額
1.02 兆円

業績

日清食品ホールディングス株式会社(にっしんしょくひんホールディングス、Nissin Foods Holdings Co., Ltd.)は、東京都新宿区と大阪府大阪市淀川区に本社を置く企業で、即席麺を生産する日清食品を中心とする食品グループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.12 兆円

業績