新着Pick
307Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Appleは新型コロナウイルス対策でこれまで資金の提供と、医療従事者へのマスクの確保を進めてきましたが、今回新たにフェイスシールドを設計し、週100万個ベースで製造、米国内の医療機関へ提供し始め、米国外にも展開するそうです。

これまでAppleはウェアラブルデバイスを通じてヘルスケア分野に参入していますが、ヘルスケアの危機への貢献という難しいテーマでも存在感を発揮しようとしています。もちろんこのフェイスシールドを「Apple製品」と呼ぶべきではありませんが、素材や形状、製造と量産のしやすさなど、Appleにとっても素早いプロトタイピングと製品化という「実践」になっているかもしれません。

もう1つ面白そうなのは、人間の頭に装着するデバイスである点です。これまで、AppleはARの強化に取り組んでおり、最新のiPad ProにもLiDARスキャナーという空間を正確に計測するための仕組みを初めて導入しました。また、ARグラスの噂も絶えませんし、実際ARをフル活用するなら必須の装備になります。

今回のデバイスに電子要素はありませんが、Appleの取り組みと予想される戦略から考えても、興味深いものを作った、と言えます。
スタンフォード大学医学部のインスタグラムstanford.medでも同様のフェイスシールドを着用している写真を見ました。N95と組み合わせて使用しているようです。
仮説ですが‥
Apple社は、既存のIOT製品の医療業界への進出を考えて、これをきっかけに同業界との繋がり強化へ向かいたいと考えたのかなと。

というのも、ある上場企業の同社のIOT製品に近い製品を作っている企業のCEOと対談した時の、Apple社とその会社との計測精度は雲泥の差だからこそ、その会社の製品は世界の医療業界に浸透していると仰ってました。そうした逆境の中で、医療業界とのコネクションやレピュテーションをupさせたいApple社の狙いもあるのかなと。考え過ぎかな?
予言:アルマーニの防護服が出る時代なんだから、サントリー、キリン、アサヒ、サッポロなどのアルコール除菌ジェルとか除菌シートとかが新しいブランドになる。

ユニクロのマスクや防護服。トヨタの人工呼吸機など、いくらでも可能性はある。
素晴らしい。

ただ、米国の災禍が更に悪化かつ長期化する場合、ビフォーコロナから寡占し過ぎや節税し過ぎの誹りが強いかったFAMGAには、もう少し人々の期待が強まると予測します。例えばトランプが極端な臨時課税を言い出すなどの可能性もあるのでは。
これは良い。社会的意義があるのは勿論のこと、アップル製のフェイスシールド付けることで何故かカッコいいと思えちゃうのがアップルのブランド力。
こういう動きが日本にも出てきてほしいです。
感染拡大で新型肺炎患者の治療にあたる医師の方々と会話をしていますが、防護する物品が日本でも足りなくなってきています。
世界中そうですから、どこからも入りません。
民間の動きが必須だとおみます。
アップルが医療従事者用にクールなフェイスシールドを設計・製造して寄付。
日本も使えない布マスクなんて止めて、こういうのを出来ないのかね?
ティム・クックのメッセージも素晴らしいわ。
崔さん案に一票!
イノベーションはジョブス。一方クックはサプライチェーン等、会社を運用するスキルに於いて一流…と言われる中で、ヘルスケア関連の事業はクックが肝煎で始めた”新たな"取り組み。
こだわりがあると思います。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
4.14 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
215 兆円

業績