新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ほとんどの人件費を選手の年俸が占めていますからね。こういう問題がどんどん出てきてしまうでしょう。ただ、果たしてこの規模で終わらせられるのかどうか。そして、より小さいクラブはもっと心配です。先が見えません。
「今季の総予算は約32億円で、そのうち選手や監督らスタッフのチーム人件費は約18億円に上り、半分以上を占める」のだそう。
試合ができないできない中、収入も限られているでしょうしチームにとっては非常に助かるだろうと思います。
選手自らの意思で減給を申し出る行動は、自分達のクラブの存在価値を維持したいという気持ちの表れでもあると思われますが、それにすぐに飛びつかない野々村社長の姿勢も素晴らしいと思います。
選手寿命が短く、海外ほどのビッグマネーと言われる額でもなく、1年契約の選手が多い中での決断はまさに心意気。

元選手である野々村社長もその点を強く理解した上でのコメントですね。
これはね、経済の問題ではないんですよ。
選手とファンの慈愛博愛の問題ですよ。