(ブルームバーグ): サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは月次の公式販売価格(OSP)の発表を今週後半まで延期した。原油相場の急落に歯止めをかけるため開催される産油国会合を控え、サウジとロシアの間で亀裂が深まっている。

事情に詳しい関係者1人によれば、5月分のOSPの新たな発表日はまだ設定されておらず、発表は7日か9日になる可能性がある。非公開情報であることを理由に匿名を条件に語った。OSPは5日発表される予定だった。

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は9日に緊急のテレビ会合を開催する予定で、アラムコはこの結果を見極めるためOSPの発表を延期したという。サウジとロシアはOPECプラスの協調減産継続で合意できなかった責任を巡って互いを非難しており、両国の対立が新たな減産合意を難しくする可能性がある。

アラムコが代表油種のOSPの発表を遅らせたのは2カ月連続。通常は毎月5日までに公表している。他のペルシャ湾岸産油国はアラムコの価格設定に追随することが多いため、同社のOSPはこの地域からの1日当たり約1400万バレルの石油輸出に影響を及ぼし得る。

原題:Aramco Delays Oil Pricing Amid Saudi-Russia Row on Oil Cuts (1)(抜粋)

©2020 Bloomberg L.P.