新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ニューエコノミーに集中した景気対策、新インフラが中国では注目ワードです。
でも、鉄道や高速道路のような波及効果を産むかと言われると……
アメリカが新型コロナウィルスの対処で悪戦苦闘する中、中国は着々と次に向けて投資を始めている。
他記事のコメント転載
『中国移動通信3社、今年5Gに2兆7500憶円投資 -』
https://newspicks.com/news/4771894/


色々と気になる点はある。評価の基準は投資額の大きさだけでは無いと思う。

5Gの投資が純粋に5Gだけなのか。
中国にもNSAを採用するキャリアがある。LTEへの投資が5Gと重複してないか。

ベライゾンは2019年の5G含めた設備投資が170億ドル。
Tモバイル(スプリント)が3年で400億ドル。
日本の4キャリア(楽天含む)、2019年の合計が約1兆3,000億円。

日本、米国、中国、それぞれ国土の広さが違う。人口分布、人が住んでいない地域の面積、基地局設置の必要性はあるのか。

『5Gへ4.3兆円投資 スプリント・Tモバイル合併合意: 日本経済新聞 -』
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO30006180Q8A430C1MM8000

『携帯キャリアの設備投資、2022年度には1兆5000億円に拡大へ - ケータイ Watch -』
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/mca/1208959.html
前からコメントしているように、通信や自動車など、規模が大きい産業において、景気刺激策を兼ねた構造転換補助金になっていくだろう。
とはいえ、1.5兆円ほど(Nakamuraさんがコメントされているようにもっと大きい金額の報道もある)なので、中国の規模としては正直そこまで大きいものではない。金融危機後で投資が大きかった鉄道投資とかは毎年10兆円前後くらいの投資だった気がする。
5Gのネットワーク技術力ではHuaweiが一番なので、今後中国が一番進んでいくことは明らかだと思います!NokiaやEricssonも頑張ってるけど、中国は政府も全力でサポートしているのでスケールが全然違う。