新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の仕事は画像診断なのですが、最近、胸部CT検査がすごく増えてます。検査依頼書には、コロナウイルス感染の否定と書いてあることが多いです。

中には、肺炎だけれどもコロナとは断定できなケースもあり、困惑しています。細菌性肺炎、誤嚥性肺炎(食物を間違って飲み込んだことにより肺炎)でなければ、PCRするように推奨しています。

典型的なコロナウイルス肺炎と思われる症例も実際にあります。

日本にはCT装置が多いので有名ですが、それが医療崩壊と関係するんでしょうか? 早期発見はできますが、治療法があまりない現在、感染の広がりといういう意味では、どこまで役にたっているか判然としません。

現在、日本が医療崩壊に至っていないのは、どうみても、感染者の数が少ないためと思われ、今後は増えてくる可能性があります。

結局、ワクチン摂取が始まるまでは、どこの国でも、落ち着かないのではないかと思います。