新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「新型コロナの症例数と死亡数が少ない国との間に相関関係が見られる」
ということから「BCGが新型コロナウイルス感染の予防に効くのではないか」という”仮説”の段階。
つまり、まだ誰もわかりません。(=科学的証拠をもとに結論づけられません)
相関関係が見られる=因果関係がある ではないことに注意が必要です。
仮説は綿密に練られた実験を実施し、結果を科学的に解釈しなければ証明できません。
また複数のグループによって再現性があった時に、より確からしいと判断されます。
BCGは結核菌に対するワクチンであり、新型コロナウイルス の成分は含まれません。
新型コロナウイルス に対するワクチンの開発は、世界で初めてのワクチンを作ることになるので
安全性と効果が証明できるまでは大規模の摂取は許可されません。
一方BCGはすでに使用が許可されたワクチンであるから、少しでも効果があるとわかれば迅速に開始できます。(今の所あくまで結核菌感染予防)
世界の人々から期待がかかる中、現場で働く研究者、医師は冷静にフェアにデータを蓄積していくでしょう。
私たちは自分のできるベストで健康維持をひたすらに続けることが大切だと考えます。
今後の臨床研究の結果を待ちましょう。臨床・研究に携わる皆様に感謝申し上げます。
全く専門ではないが…
この話が流れてきて、最初はたしかにと思う部分もあった(このグラフなども)。ただこれを真とすると、日本で感染がそこまで広がっていない中で、海外に行った日本人が一定感染していることを説明できないと思っている。
もちろん、そもそも周囲にどれだけの感染者がいるかで感染確率は大きく変わるだろうが、「BCGしているから大丈夫」というわけでは全くないと思う。

<追記>記事にあるのは死亡率で、上記の自分のコメントの感染確率ではない。戸田さん、ご指摘ありがとうございます!<追記終>
BCGワクチンがコロナに有効なのか?と質問を受けることが多いのですが、答えは因果関係があるエビデンスがないのであるとも言えず、ないとも言えず。
期待しつつ、冷静に感染防止、感染拡大防止に努めたいと思います。
忽那先生によるBCGワクチンの解説。検証までは時間がかかるとのこと。かなり話題になっているので摂取を希望する人が増えているようです。
有効性はかなり怪しい。アビガンも。溺れる者は藁をもつかむではなく、立証されたものに頼るべき。
俺、BCG受けてないかも。
ただ、どっちみち年取ってから受けても効果は少なそうなので、しばらく静観。
今は、できること何でもやるべき
ボストン コンサルティング グループ (Boston Consulting Group) は、1963年にブルース・ヘンダーソンやジェイムズ・アベグレンらによって設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社である。略称はBCG。 ウィキペディア