新着Pick
236Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>売り上げも3分1ぐらいに減っていて、会社がもつか不安です

別のニュースでも見ましたが、「一過性のものだと思っていたのに・・・怖くなってきた」という感想が出ていました。

先の見えない状況下、経済的に破綻する人たちが急増するような気がします。

申請して・・・云々なんてやっている暇はありません。

また、「コロナで減収した人を対象」というのなら抜け道だらけです。

雇用主が給料減額証明(のようなもの)を発行して従業員が30万円受け取る。
それを山分けする。

助成金などでも詐欺的受給をアドバイスするコンサルタント(?)がいます。

国民一人一人に一定額を給付するのなら、迅速に給付がなされるし公平です。

一刻を争うときに、申請なんてしてられませんよ。
もともと混み合う週末は外出を避けるので、当然、本日も家篭もり。
花粉症は終息しつつあるので、窓を開けると春らしい空気が入ってきます。
最近は、必要以上にコロナ関連ニュースを見ない、読まないようにしています。
→雑音、特にロックダウンをセンセーショナルに取り上げて、国民を必要以上に煽るようなニュースにはウンザリしています。
我々庶民も、毎日一食一汁で過ごしているので、国会議員の皆様もそろそろ議員報酬返納よろしくお願い申し上げます。
因みに諸々計上すると3388万円の年収だそうてす。
そりゃ国会で、楽チン楽チン、我が世の春で、居眠りもするわな。この三か月弱の対応は、正に人災。これから数週間後に起こるだろう国家存亡の危機を招いた罪は本当に重い。

追記:この時点で国民への忠誠を達成出来ず、無念と思い首を括る議員が、1人や2人いない事に末世を感じる。
近所の繁華街は、普段は人であふれているが、今日はお店がほとんど自主休業でほとんど人出がなかった。
天気が良かったが、これで暗かったら本当にゴーストタウンという印象なくらい。
日常が日常でなくなって分かる、日常の大切さ。
私も含めて内部留保が乏しく、日々の活動で経営を維持している中小零細企業経営者にとって、今の政府の動きで光明は見出せません。
休むことの恐怖をどれだけ理解しているのか?
LAの取引先に、「日本はロックダウンしているのか?」と電話で聞かれたので、「週末だけ営業自粛をするお店が多い」と答えたら、

Does it make any sense? Why?

と聞かれ、答えに窮してしまいました。

平日も自粛するべきなんじゃないか? もしくは平日開ける決断をしているなら週末も開ければ?ということなんだろう。

それは皆、思ってるんだろうけど、より人が多く集まるのは週末だから、、、と答えるしかなかった。

国ごとに政府がとっている策が違うので、もちろん国民の意識も違う。

日本と欧米諸国、総合的にどちらが対策として正解なのかはもちろん現時点では分からないが、欧米の人たちからしてみたら、どっちつかずでよく分からない行動なのだろう。 

何事においても白か黒か濁して、グレーをとことん突き詰める文化、と日本を表現したライターの方がいたと記憶していますが、昔からそうなので、これはもうお国柄なのですよ、としか説明しようがない。
こういう主観だけで語るいい加減な記事には閉口。Googleみたいにデータで語って欲しい。ジャーナリズムを足で稼ぐ時代は終わりました。情報が取れないから現地に行っていた訳で、今は情報を入手できない人に正しい報道はできないのではないか、と感じる事例です。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASN4436STN44UHBI00F.html
書籍を物色しに行こうと都内の某百貨店に車で行ったら、食品売り場しかやってませんでした。
先週と比べてもお店側の対応が進んでいると感じました。
この週末は、全国各地で外出自粛が要請されている。日本も少しずつ繁華街の景色が変わってきた。これがさらに進むと、NYなどのように平日も同じような光景になってしまうかもしれない。それはどうにか防ぎたいところ。
もう感染予防は諦めた!
この収束は、全員感染するまで終わらない