新着Pick
348Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マスクについての社会の印象は日本とは全く異なります。当然日本人が皆知っているマスクの一般知識もありません。アメリカはマスク文化がありませんからこれは有効だと思います。この数日話題となってました。マスク文化がないと言うよりは、他人にうつさないように行動するという文化があまりないのかもしれませんね(でも日本人がくしゃみを肘ではなく手でカバーするのはドン引きされます)。今回の発信も「自分のプロテクト」のためだと受け止める人がかなり出てしまうのは残念なところです。あくまで「他人のプロテクト」ですね。あと「マスクはソーシャルディスタンシングの代替とは決してならない」ですね。

マスクの論議と同時に最近アメリカで話題なのがモノや空気での感染経路についてです。日本では空気感染も飛沫感染も「飛」という字のせいか、空気浮遊の印象があると思います。空気中にしばらく残像浮遊するマイクロレベルのもの(それでも飛沫)で感染する可能性についても日本では一般認知されています。WHOは明確に「空気感染はしません」と言っていますが、かなり医学的な定義に寄りすぎて人の行動心理から乖離している印象があります。アメリカではairborne(空気) かdroplet (飛沫)かとなりますが、「コロナはairborne ではありませんが、非常に小さなdroplet がairにしばらく浮遊することがあります」と言った時、専門の人は「感染可能性があることは認めますがそれを空気感染とは呼びません」と言うのでしょうが、私たち一般大衆は「空気で(飛沫)感染する可能性」と認識しますよね。インフォデミックもWHOの重点対処領域となりもう少し医学等から離れた「専門的な」議論もいるのではないでしょうか。
注意したいのは、WHOも
「患者が着用すれば、他人に感染させる可能性は低くなる」
と言っているだけで、つけている人の感染予防になるとは言ってないんですよね。
ここまで感染が広がってくると誰がかかってるか分からない状態になると思うので全体としては意味あるからエチケットとして、ということかと。特にマスク着用率が低い欧米の場合は。
布マスクしろって、要は常に口元にハンカチを当てて息が人にかからないようにしろ、って言っているのにほぼ近い。

ただ、マスクが必要とあまりにも宣伝すると買い占めが起きて本当に必要な現場に届かなくなるので難しいところ。逆にそういう懸念があるから本当は必要なのにマスクは不要だと言っているんじゃないかみたいな疑心暗鬼も生まれていると思います。

既にご覧になった方も多いと思いますがこちらのブログに詳しいです。
https://eetimes.jp/ee/articles/2003/25/news053_2.html
シンガポールも時を同じくして昨日「マスクは原則、罹患者のみ、健常者は勧めない」から「勧める」に180度方針転換しました。

マスクが効用ある、いやない、という不毛な議論はもうこれを機に世界的に止めたほうが生産的というかそれどころではないと思いますし止むのではと思います。

なおリーシェンロン首相は昨日の会見で高らかに「国民一人に洗えるマスク一枚を届けます」と言いました。
どこかの国の首相は2枚も送ると言って非難轟々ですが、こちらでは文句言う者など寡聞にして聞きません。
無症状感染者もかなりいるので、これはこれで正しいです。
特に、もともとマスクをする文化のない米国では。

とはいえ、サージカルマスクは医療機関に優先的に供給してもらいたいですし、一般市民は、とにかく人と密に接するのを避けるのが一番。
基本は接触感染、飛沫感染なので、人と密に接するわけでなければマスクも不要ですし。

1人で広いところを散歩するには不要だけど、出勤してミーティングとか出席するならマスク着用。
マスクが必要な機会を極力減らすのがベストですね。
今朝は、これまで「熱やせきなどを発症した患者と感染者を自宅で看病する家族に対してのみ、マスク着用を推奨」してきたWHOが、マスクの着用は感染拡大防止に一定の効用があると指摘したと報じられています。
【感染拡大防止に一定の効用 マスク着用でWHO】
https://newspicks.com/news/4789186

またマスクの世界的需要拡大の中、米国の買い占めるケースが起こっているとの記事も。
【世界のマスク市場が「無法化」、米の買い占めに各国が懸念も】
https://newspicks.com/news/4789049

さらに今朝は下記のような研究結果も発表されています。
【マスクの効果を患者の実験で確認 香港大学など研究グループ】
https://bit.ly/2Ra8Hcv
うつらない為ではなく、うつさない為に有効なのは元々明白だった。これもWHOの不明瞭なガイダンスの弊害。世界規模でのマスクの奪い合いが更に激化しそうだ。日本も中国に頼るのではなく国内の生産体制強化は必須

トランプ米大統領は3日、新型コロナウイルス対策として、国民にマスク着用を勧めると発表した。義務ではなく任意。米政府はこれまで健康な人の着用は不要としており、軌道修正した。
ケニアもこの金曜日、公共交通機関での乗客のマスク着用が推奨されました。国内工場で製造し、1つ20円以内に抑えるとのこと。20円はスラムでも人々が買っているちょっとしたナッツやお菓子と同等の価格で、多くの人にとって買えなくはない金額です。
うつさないため、うつらないため、両方に一定の効果はあると思いますが、うつらないため、に使うには付け方や扱い方に知識と経験が必要なので簡単ではないですね。
しないよりは、した方がいいでしょう。
だけど、政策の最優先順位はそこではないです。
トランプ米政権が3日、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するために国民にマスク着用を勧めると発表。医療技術が発達し医療関係者の数が多い米国で、マスクの効用を認めるまで3か月以上もかかったことに驚き。ただ、米国から見ると、感染者数が急増して病院のベッドが足りなくなりつつあるのに満員の通勤電車が首都圏、京阪神を走り、飲み屋に繰り出す人がいることは不思議に見えるらしい。