新着Pick
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日も有料記事で、ANAは破綻する確率が高い、JALとスカイマークは財務体質が良い…とする記事がありましたが、少なくともJALの破綻時の国の支援→つまり税金投入額がいくらだったか、理解しておくべきだと思います。

1現在の日本航空の資本金2,510億円は100%減資。
2企業再生支援機構が、日本航空に対し、3,500億円を出資。
(1億7,500万株、1株当たり2,000円)
3金融機関は、総額 5,215億円の債権放棄を実施
(債権放棄割合87.5%)。

https://www.mlit.go.jp/common/000229684.pdf
国交省のサイトに詳細載っています。

私、最近はANAもサービス悪くなったかな?と感じて、スターアライアンスの別の航空会社に乗ることが多かったですが、最近のNPでのANAイジメ?が目に余るので、コロナ収束の際はANAに乗ろうと思います。
世界中のエアラインがリストラを断行せざるを得ない中、JALが雇用維持の方針を決めたことは航空業界内外に対して強烈なメッセージになったと思います。
ところで、JALの制服が4月1日から新しくなっています。オリンピックイヤーに合わせて7年ぶりの変更でしたがCOVID19感染症の影響であまりニュースになっていないですね。
この事象のみでJAL、ANAを比較しちゃうのはANAが不憫すぎる…借金棒引き、税金なしという過去があるわけだから。頑張れるときには頑張るということでしかない。
JALとANAで大きな違い。気になっていました。また、この事実も大きいと思います。「8割から9割が運休した状態のまま、融資を受けずに1年間持ちこたえられる財務状況の航空会社は世界中に存在しない。」
頑張れJAL!コロナ収束までなんとか持ちこたえてほしい!
需要があれば良いけど、なければ余剰分の労働者には休業を命じて、休業補償もらったほうがいいのでは?
時価総額
6,707 億円

業績