新着Pick
705Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NASAとマイクロソフトが組んで、ホロレンズ使った火星ローバーのオペレーションソフト作ってます。OnSightってやつ。
https://www.jpl.nasa.gov/video/details.php?id=1550

友人が開発メンバーだったので僕もやってみました。すごいと思ったけど、まあこの記事は盛りすぎですよね。2次元の画面とは隔絶した差がある。でも現実世界とも隔絶した差がある。重くて視野狭くて物理的フィードバックがなくて遅れもあるので。記事にあるようなピアノを弾くとかは無理です。すごいのは間違いないが、まだまだ「アンビエントコンピューティング」はバズワードの域を出ないというのが僕の所感です。
講談社の現代ビジネスからの「コロナショックが深刻化するなかでも、テクノロジーのもつ可能性について論じるものを書いてほしい」との依頼を受け、私自身が注目しているアンビエントコンピューティングについてマイクロソフトを題材に記事を執筆いたしました。

世界最大最強の国である米国において、コロナウイルスの感染拡大によって多くの人達が亡くなっていることは本当に大きなショックです。

コロナウイルスの感染拡大について、私は極めて高度な危機感をもっています。

いろいろとリサーチをした上での分析に基づく極めて高度な危機感です。

まずは、例えば、日本のメディアだけではなく、米国のTVなどでリアルタイムで24時間配信されているものなどを日常的にチェックすることを強くお勧めいたします。

米国や米国企業を応援するような気持ちも込めてまとめました。ご参考にしていただけたら幸いです。
アフターコロナは皆に平等にやってきます。その変わりようといったらとても急で大きなものになるかもしれません。各国、各社緊急事態のトップダウンモードで、ものの数時間で物事が決定され、今まで散々導入が提案され慎重に議論されてきたものまでもが試験的に、緊急的に許可されているのを目の当たりにしています。誰も通りを歩いていないというあり得ないシチュエーションを作り出したのは人間です。記事の中で取り上げられるSFXなシステムももはや非現実と言えないかもしれません。楽しみですね。
アフターコロナ。今は想像するしかありませんが、準備をしておくかどうかで今後10年で差がついてしまいます。デジタル対応がその好例です。適応するかしないかで生産性にもの凄い差がついてしまい、ジワジワとその差は広がっています
技術単体で見るのではなく、総合的に「どう活用し」「どう世の中をよくするか」をデザインする視点が、テクノロジーに関わる者にとっては必須条件。

ボクも情報発信側として、がんばらなくては。
読んでったら #HoloLens2 の話だったわ!(2ページ目から)
たしかに HoloLens 2 は未来
🎀
不確実な時代だからこそテクノロジーが人の生活を一気に変える可能性が高まっている

マイクロソフトが語っている3つのキーワードは理解しておきたい
・アンビエントコンピューティング
・ミックスドリアリティ(複合現実)
・テレプレゼンス
Holo Lens2が5万円くらいで買えるような世の中になれば、全てが変わりそうです。今の価格帯では、それは、望むべくもないでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。 ウィキペディア
時価総額
176 兆円

業績