新着Pick
343Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
適度な運動を1日3回していますね。わたしも試してみようかな。
会社で推奨してもいいのかも。

食生活の変化は、いい方向に行く人もいますが、太ったり早めに取ってしまってペースの変化がストレスかかっていたりしますよね。

理想を見ることによって、自分のペース作りの参考になりますね。
4月以降、在宅ワークの人たちからもっともアドバイスを求められたのはイスの選び方についてでした。
優れたイスはたくさんあるものの、自宅用にしては大きくて価格が高いので、これ。というものは今のところ見つかっていないです。

そのため最近すすめているのは、小さいテーブルを用意してのあぐらや正座です。
あぐらは股関節のストレッチになり、正座は骨盤を立てたり姿勢を正すのに適しています。

あとはここに長座も組み合わせるなどしてローテーションさせていくことで、適度に血流を促すことができます。

是非、いろいろ試しながら自分に合うスタイルを編み出してもらえたらと思います。
これまで出勤が当たり前だったワークスタイルから自宅中心のリモートになると、どうしても運動不足になりがちです。そしてその運動不足は、健康状態にさまざまな影響を与えます。
ちょっとのトレーニングでその生活は変わり、またより良い健康状態、効率の良い仕事ができる。そんな一助にリモトレをぜひ。
テレワークになってから体重が少し減って、毎日激しい練習をしていた大学サッカー部時代のベストに…

歩く距離激減、食べる量と飲む量(週末オンリー)変わらずなのに、なぜ?
立つという動作を意識するだけでもだいぶ違います。

この1ヶ月の緊急事態宣言を受けた運動不足で何がおこるか、小ネタみたいな形で動画を撮ってみました。
日⑦:「テレワークの罠」
https://youtu.be/EFFTlhDcrgo
様々なアスリートのプチトレーニング法をまとめて紹介いただけるとのことで、楽しみです。
ここにも「自主的に取り組む」というスポーツ(≠運動)の要素を入れていきたいですね。
素晴らしい記事です。是非参考にさせて頂きます!

リモートワークで自身に気をつをつけている事は『ルーティーン』の継続化です。現在でもメリハリ、リズムのある生活を目指しています。
走る頻度や距離は増やした。あとは食事。食べる量減らしてる。間食のおやつもできる限り減らして。ここらへん、進めていたダイエットの範疇ではありますが。
以下の3がポイントということ。それぞれ、私個人の対策を書いてみました。

・食生活の変化
ロックダウンになる前に、栄養バランスなどを考えた保存食、たとえばオートミールなどを購入して、修行と思いながら(笑)それを食べています。

・睡眠サイクルの変化
最初に生活パターンが変わりそうになりましたが、2週間程度でもとに戻り、あとはfitbitで睡眠の質と量をモニタしています。

・メンタル上の変化
これが以外に強敵でした。対策は人と話をすること、自分の趣味に没頭することなど。米国は、COVID-19の死者数が多いので、ニュースで、その数字をみると気が滅入ります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
Twitter https://twitter.com/SportsPicks_NP NewsPicks発のスポーツメディア。記事、動画、イベントなどを通して「スポーツの見方をアップデート」していく。長友佑都氏、末續慎吾氏、清宮克幸氏ら豪華連載陣やインタビュー、スポーツの真相に迫る特集を更新していく。