[バンコク 2日 ロイター] - タイ政府は2日、新型コロナウイルスの感染拡大抑制に向け、全土を対象に夜間外出禁止令を発令した。3日から無期限で、医療関係者などを除き午後10時から午前4時までの外出を禁止する。

プラユット首相は「自由よりも健康を優先する。不自由かもしれないが、この危機を乗り切るために社会的な責任を負う必要がある」と述べた。また、海外にいるタイ国籍保有者に対し感染拡大抑制に向け帰国を4月15日以降に延期するよう呼び掛けた。

タイでは3月1日以降、帰国者を中心に新型ウイルス感染者が増加。4月30日まで非常事態宣言が発令されており、外国人の入国は禁止されている。