新着Pick
728Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前から言ってましたがStarlinkが出てきた時点で普通にジ・エンドです。現時点でFalcon9がその打ち上げ可能回数も含めもっとも競争力あるロケットです。衛星はどこまでいっても供給が足りないロケットに運命を左右されます。アリアン使ってたらコスト競争力ないの自明です。今名乗りをあげてる会社で可能性があるのはAmazonくらいですかね。もう2,3社は参入の余地があります。我々も超小型衛星フォーメーションフライトという新しいコンセプトでこのマーケットに乗り込むつもりです
今週の週刊ソフトバンクは、宇宙ベンチャーの注目株として、孫正義が1000億円をつっこんだOneWebの破産申請を取り上げます。

実は、私は日本メディアとしては、初めてこの創業者をインタビューしたことがあります。https://newspicks.com/news/2188942/

OneWebの前には、O2B(other 2 billion=忘れられた20億人)のためにインターネットを提供する起業家として、みずからアフリカにインターネット回線を敷設するため、穴までほっていた人物です。

そのためミニ人工衛星による、宇宙の通信ネットワークも、とても注目されていました。ただ一点、スペースXという宇宙を「手の届く距離」にしてしまった競合と、ガチンコでぶつかってしまったことは決定的だったのでしょう。

本来なら追加2000億円の融資の話がすすんでいたというだけに、景気のめぐりあわせで、退場せざるをえなかったことを個人的には残念におもいます。ぜひご一読ください。
既視感がある。
ドット・コムバブルの頂点では人々もメディアも持ち上げ、崩壊すると目の敵にする、そうした類の事は古今東西繰り返されてきた。それにほとほと嫌気して二度と人前に現れなくなったビリオネアーも個人的に知ってもいる。
まあ、それが人類の自然な精神性と言えばそれまでなのだろう。
失敗の分析もそれなりに有用ではある。ただし挑む者、切り拓く者への敬意は、常に忘れずにいたいものだ。
【注意:私はSVFが出資しているOYOLIFEのCEOからすでに辞任をしています。以下のコメントは全て個人の意見です】
どうしても孫さんの話になると良くも悪くもタイトルも扇情的になってしまいますね。SVFはすでに80社に出資しているポートフォリオですからうまくいくのもあれば行かないものもあります。他のVCと比べると投資金額が大きいので目が行きますがファンド総額から考えると大きいものではないです。金額が大きいからと言ってSVFの担当者が増える訳ではないので打率が大きく変わるものではないでしょう。今後は投資をより絞り、既存投資対象にはよりhands onでのサポートを強めていくと思います。その過程で半数以上の株式を取得したり、経営陣を送り込んだりすることもあり、より低い価格で群戦略を遂行できるチャンスとも考えているのではないでしょうか。
週刊(笑)

しかしコロナウイルスが宇宙ベンチャーバブルの終焉になるというのはかなりあり得るシナリオだよなあ。まあいづれ弾けるバブルだったとは思うけど、もうちょっと長く続いたら軌道に乗っただろう会社が多かったろうから残念。

まあでも、不況はビジネスのPT境界みたいなもので、これを生き抜いたところが次の時代の主役になる。ITバブルでもそうだったけど、結局生き抜くのは技術的に地に足がついてるところ。打ち上げサービスの勝者はSpaceXとRocketLabで確定か?

---
【追記】以下、僕がコロナ前に書いたコメントです。もちろんコロナを予見してたわけじゃないですし、預言者ぶるつもりもありませんが、事後的に「宇宙バブル」なんて言ってるわけじゃないぞ、ということで。
https://newspicks.com/news/3837977?ref=user_198783
https://newspicks.com/news/4464334?ref=user_198783
https://newspicks.com/news/3277765?ref=user_198783
https://newspicks.com/news/3229752?ref=user_198783
ソフトバンクグループは、投資先、ビジョンファンドの投資先も連結対象として業績に反映しているので、OneWebの破産申請に加えて、withコロナ時代に苦境が予想されるWeWork(だからこそ追加の$30億の買取を撤回)などなど、大幅な減損が予想される。

それに伴ってソフトバンクグループそのもの業績への影響、そして万が一が起こった時のみずほを中心とした金融機関への影響が心配だ。「ソフトバンクショック」とも呼べるものが出てこないと良いが。
先日取材を受けたものが記事になりました。孫さん目線ではありますが、OneWebのチャプター11入りについて解説した記事です。
通信衛星でネットにアクセスできない地域をカバーしようという大義はすばらしい。破綻したとはいえ、そのチャレンジに敬意を表したいと思います。

ただ、衛星ビジネスでどのような収益性を考えていたのか、が気になります。アイデアや情熱だけではビジネスはできない。衛星を軌道に乗せるためのコストまでは視野に入れていなかったのではないでしょうか。ロケットから衛星ビジネスに参入したスペースXとの差が出ました。
OnewebはSpaceXのStarlinkと比べて高度が3倍高く、重量は半分程度というものだった。Starlinkがポータブル端末からの通信を可能とするならば、Onewebは非力で距離が離れているため地上に強力な基地局が必要だったはず。そこがどうか?
ベンチャー企業投資に失敗は付きもので、投資環境の悪化もあってやむを得ないですね。ただ宇宙関連のビジネスは覇権を握ると圧倒的になるので、中国共産党政府の意を受けで中国系企業に握られることは心配です。OneWeb(の技術やノウハウ)が中国に買われないことを祈ります
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
12.1 兆円

業績