新着Pick
445Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この一週間で、英米のメディアや政府関係者、専門家の間で中国の死者数の発表には懐疑的な見方が増えていますが、政府の意思決定の重要な決め手となる情報当局のインプットはより信頼度も高く、注目すべきファクトの一つです。

他にも、米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、武漢市において、感染拡大ピーク時の1カ月間に2万8000人の遺体が火葬されたことが確認され、市民からも報道発表に懐疑的な見方が広がっています。予想では4万人という数字が出され、専門家の中でも妥当な数字であることが確認されています。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストも、市当局者の話として、1月中旬から2月までは現場が混乱し、「疑い例」の患者数は公式に集計されなかったと報道しています。

タブロイド紙ではありまが、英紙のメール・オン・サンデーでは、ジョンソン氏の科学アドバイザーたちは、中国における感染者数は報道の15〜40倍というブリーフィングを行ったという記事を出しています。


中国の実態について、本当に地に足のついた分析を行うには事態が終息するまで待たなければならないかもしれません。

参考までに:

・RFAの記事https://www.rfa.org/english/news/china/wuhan-deaths-03272020182846.html

・デイリー・メールの記事:https://www.google.com/amp/s/www.businessinsider.jp/amp/post-210282
疫学的な問題として正確な統計を取っていないことは問題だが、外交安保上、中国が数字を過少報告することにどこまで問題があるのか、よくわからない。感染が終息したという宣言をしたけど終息していないということであれば問題だが、中国は終息宣言しているわけではない。これが問題になるのは、1)中国はやっぱり嘘をついているから信用ならない、2)アメリカの感染者・死者が中国を超えたからといって、中国が嘘をついているからどちらが上か関係ない、といった文脈があるからなのだろう。まあ、統計で嘘をつくのは論外なのだが…。
アメリカは、良い顔をしてイタリアなどの国に手を差し伸べている中国を「消防士のふりをする放火犯」(the Chinese Communist Party is acting as both the arsonist and the firefighter)として、手厳しく非難しており、怒り心頭の模様。

『元々お前らが封じ込めに失敗したからこうなったんだろ』というやり場のない怒りや、アメリカが持ち込んだウイルスだのとデマを流すなどの言動を見るに、「そりゃそうよね」と思います。

その一環で、中国のウソを明らかにしようとする報告の1つなんでしょう。
みんな知ってましたよね。中国の数字にはゼロをひとつ増やして見てましたよね、今までも・・
コメントを通じた議論をとても興味深く拝見しました。本当に何が正しいかは分かりませんので、「情報当局」が情報源となっている報道の意味について考えてみます。

極秘とされる情報を、インテリジェンスの人が外に出す。それには何らかの意味がある訳です。本当に情報漏洩をしていたら、調べれば誰が出したか、すくなくとも、この辺の人だろう、ということは分かります。情報を漏洩した人物は厳しい処罰の対象にもなります。カウンターインテリジェンス(防諜)の専門家が機関内にいて、自組織への他国インテリジェンス機関や敵対的な団体(テロ集団など)の浸透から守るほか、情報漏洩があれば自組織に対する調査もします。

という状況なのに、なぜ、情報が漏洩されるのか。本当に処罰を覚悟で漏洩しているのではなく、何らかの気球観測的な意図や世論の動向を動かすなどの意図を持って外に出している、と考える方が自然と思われます。情報源が情報機関からという報道記事は、注意を払って読むべきで、なぜ、情報機関がこのような情報を意図的にメディアに流したのか、という視点が必要。

なお、日本には、いわゆる米国CIAや英国MI6のような「本当の」対外情報機関がありませんが、国家公務員法のレベルでも100条「秘密を守る義務」によって機密情報の漏洩は罰則がありますし、退職しても対象となります。私も国家公務員を辞めて10年近くが経ちますが、100条のことは現在も念頭に入れています。
https://www.jinji.go.jp/fukumu_choukai/shuhi.pdf

インテリジェンス機関となれば、処罰は一段と厳しい。
2011年の浙江省温州市での鉄道脱線事故が思い出される。死者40人を出したが、中国当局の現場では、いきなり先頭車両を、穴を掘って地中に埋めた。想像できないような隠蔽の手法に驚かされたものだ。中国が国家統制上、あるいはメンツのために、隠蔽するなんてことは別に驚くような話ではない。むしろ、驚くべきは、習近平政権が、新型コロナウイルスへの対応を自画自賛するとともに、人類運命共同体をこれを機にますますアピールし、本件のリーダー的な存在を演出していることだ。このメンタリティこそが、今の中国をよく表していると感じる。
トランプ大統領は会見で報告は受けていないと話しました。中国の数字が信用できないのは麻生さんも何度か口にしているように、世界の常識なので、このニュース自体は別にどうということはありませんが、面白いのはコメント欄。NPは実名主義なのでPickerの名前を信じると、中国の方と思われるコメントが、一様にかなり必死に米国や他国に非難を振ってること。中国の統計が信用できないのはこれまでの事実で明確なんですが、そこはスルーして他者を責めてしまうんですね。
それともそういうコメントをする人は、それを仕事としているのかな、中国政府に批判的な人はこうした場で発言すると政府から圧力を受けたり帰国したら拘束されたりするのかな、などと色々考えてしまって、それもまた面白いです。
「やはり中国の大本営発表は信用できない」と思う一方、米情報当局の報告をわざわざリークするのも不自然のような気がします。

トランプ大統領としては、米国の感染者数や死亡者数が中国より増加していることが我慢できないはずです。

「習近平より無能な大統領」
というレッテルを貼られることが、大統領選に大いにマイナスになりますから。

すべては”藪の中”・・・かもしれません。
もし過少報告が事実ならば国際社会からの非難を受けるでしょうし何らかの経済措置を含む懲罰的な制裁が課されてもしかるべきです。しかしながら中国は国連の常任理事国でアメリカに次ぐ2番目に多い分担金を拠出しています。国連が実効性のある措置、制裁を決議できません。 安保理は常任理事国の1カ国でも拒否があれば何も決められないからです。ということは国ごとで別々の形で何らかの制裁を化そうと動く可能性があります。本来ならコロナ対策で一つになって情報の共有と押さえ込みをするべきところ今世界はバラバラに中国対策をしなければならなくなってきています。原油の調停失敗、経済のブロック化と合わせ国際情勢がきな臭くなってきました。
原文では「US intelligence community」とあるので、恐らくはCIAあたりが現地の医療関係者、もしくは統計を管理している政府関係者に聞き取りを行ってデータを集めているのではないかと推察。もちろん誰もが中国政府の公式な数字に懐疑的なのだが、大よその実数を把握しておくことも必要だろう。この情報を米側が政治的に利用して中国を叩くのか、純粋に防疫目的で使用するのかがポイントだろう。