新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ロックダウン」という言葉を使って煽るのはやめましょう。↓

「緊急事態宣言がただちにロックダウンというものではない。フランスがやっているようなロックダウンが(日本で)できるのかといえば、それはできない」(安倍総理)
報道で用いられる「ロックダウン」と実際の各国や自治体ごとの施策との差異は随分あります。アメリカでも混乱させた下記の違いわかるでしょうか?ここは言葉遊びをしてもしょうがないので「どんな状況認識で、何をして、どんな効果を期待するのか」で考えたいものです。

Shelter in place
Stay at home
PAUSE
Quarantine
Self-quarantine
Lockdown
Shutdown
Travel restrictions
上記それぞれ×Pleading or Ordering

ニューヨーク知事なんかは「カリフォルニアと一緒にするな(shelter in place)」「そんなことをやってしまえば中国のようになる(lockdown)」「合法とは思えない(連邦政府のquarantine要請)」「取り下げなければ訴える(近隣州による入州拒否)」と言葉の意味について何度も言及してます。

また「緊急事態宣言」に関しては「市民へのメッセージ」と「宣言による法的条件の充足」とは別物ですね。「指定感染症」を宣言することで「入管法での上陸拒否」が可能になる一方「指定医療機関」での対応が必須となる(そのためテストを制限する)などで見られたように、宣言自体に意味があるのではなく、「緊急事態宣言」も強行可能な各法律における適用前提である、ということですね。