【解説】新型コロナ危機の今、「中小企業」がすべきこと

2020/4/2
2020年は「キャッシュレスによるポイント還元の終了」と、「加速する地方銀行の再編」という2つの脅威により、中小企業の倒産が増えるのではないか――。
このように年始の記事では予想した。
【解説】2020年の中小企業を襲う、「2つの脅威」
だが収束の気配すら見えない新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)騒動で、状況は一変。東京五輪の延期も発表されるなど、今後の経済見通しも大幅に変わった。
それに倒産件数が大幅に増えるのではないかと考えている人も多いだろう。だが、意外に思われるかもしれないが、ここから急激に増えることはないと見込んでいる。
その理由を解説していこう。
コロナ倒産の「共通点」
まず、現状の倒産件数と新型コロナ騒動の影響から紹介する。