[東京 1日 ロイター] - 自民党・公明党の幹事長・国対委員長会談が1日開かれ、会談後会見した森山裕自民国対委員長によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の発動は専門家会議の意見を踏まえた政府の賢明な判断が必要との認識で一致した。

発動時の国会運営について森山委員長は「与野党間で協議が必要」としつつ、「そのような時こそ、国会は国会の役目を果たす必要がある」と指摘し、重要法案の成立に尽力すべきとの認識を示した。

(竹本能文)