新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国で公表される情報は、中国共産党にとって都合がよいように操作されていると考える方が良いということも、以前から変わらないのでしょう。すでに、イタリア、スペインに続いて、米国とフランスの新型肺炎による死者数が中国におけるそれを超えたとされていますが、この記事が報じていることが本当であれば、中国は、感染による死者数を故意に低く抑えるために、「疑い例」を全体数から除外したとも考えられます。全くの嘘だとさすがにバレるので、「疑い例」を省くという手段をとったのでしょう。
日本も他人ごとではありません。日本の感染者数が少ないのは、日本政府が故意に検査数を制限して発見させないようにしているからではないか、とする米国メディアもあるのです。米国メディアはまた、日本は、経済活動への配慮から、非常事態宣言を含む強い対応をしていないと批判的に報じています。もし、非常事態宣言を出したくないから、感染者数を故意に捜査していると見られるとすれば、日本も国際社会からの信頼を失うことになります。