新着Pick
155Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Appleは米国で人気のDark Sky Weatherを買収したことがわかりました。

天気はiPhone初期の標準アプリから内蔵されていましたが、iOS 7で全画面に天気のグラフィックが表示されるデザインへ刷新されました。しかし天気以外は文字情報が中心で、むしろApple Watchの文字盤の方が、気象情報をグラフィカルに表示しているほどです。

Dark Sky Weatherは、日々の気象情報を視覚的に分かりやすく「把握」できるビジュアライズのアプリです。これを買収していると言うことは、Appleは今後、天気アプリをインフォグラフィックス方面へ発展させようとしているのではないでしょうか。

例えば1つの可能性は、Appleがあらゆるジャンルのアプリでの活用を推進するAR。朝起きて窓の外をかざせば、屋外の天気がどんな状況なのか分かる、というギミックは面白そうです。特に、ARグラスがくるなら、資格だけで気象をいかに詳しく伝えるかが重要になるでしょう。

もう一つは、iPhoneデバイス内で気象情報を簡単に活用できるようにするAPI、WeatherKit(仮)の準備。Dark Sky WeatherはAPI提供を行っており、Apple買収によって、ユーザー向けモバイルアプリの2020年7月終了とともに、API提供も2021年末で止まります。WeatherKitが用意されれば、例えばエクササイズの際に消費カロリーのアルゴリズムに気象条件を加えたり、渋滞予測に雨の予報を加味するなど、より高度で賢いアプリを作ることができるようになります。

また、現在標準天気アプリには入っていないアラート。日本ではウェザーニュースやYahoo天気などは、雨が降りそう、地震が来た、台風が来る、といった通知が来ます。いわゆるEarly Emergency Warning機能です。このあたりは現在のアプリにかけている機能です。

iPhoneが生活道具になればなるほど、今他のメディアやアプリに頼っていた機能が標準搭載されていく。
アップルが、アメリカ天気予報アプリジャンル1位の「Dark Sky Weather」を買収。アンドロイド版は終了。既存ユーザーは2020年7月1日まで利用できるとのこと。
良質で本質的な開発を進めれば世界のプラットフォーマーの一員に加わることができるのですね。すごいなぁ。
「この買収により、Appleマップ上に気温・雨量・風速・紫外線指数などの情報を視覚的に表示する機能を追加する可能性がある」
ついにAppleの天気アプリが強化されるのかもしれない。いつもヤフー天気を使ってるけど、Appleの天気が便利になるなら嬉しい流れ。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
148 兆円

業績