新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
完全ラベルレスペットボトルの実現のために、2019年度には検討委員会を経て資源有効利用促進法に基づく識別表示に関する制度変更が行われました。

PETボトルに関する今回の制度変更のポイントは以下の通りです。
① 識別マークのサイズが小さくなった。
② 個別容器の底部または側部に、一か所以上の刻印が引き続き必要だが、印刷またはラベル(タックシールを含む)による表示の必要がなくなった。
※ばら売りでなく外装単位の販売に限る。外装に識別マークが刻印されるか印刷またはラベルによる表示があり、役割名(ボトル等)が併記されている必要がある。
https://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/02/pdf/steel_alumi_pet_pamph.pdf

これは消費者が段ボールなどの外装材の状態で購入することが条件なので、通信販売等の商品のみ対象となり、コンビニなどでのバラ売りは完全ラベルレスの対象となりません。

なお、②をみて、「印刷またはラベルによる表示の義務とあるのだから、刻印と印刷で対応すればいいのでは」と思われるかもしれません。しかし、通常のPETボトルの再商品化(リサイクル)設備には、印刷インキを除去する工程がないため、リサイクル性が落ちる可能性があります。
このためPETボトルリサイクル推進協議会では、PETボトルのリサイクルを推進するために自主設計ガイドラインを定めており、ボトル本体への直接印刷は行わないなどの基準を設けています(賞味期限・製造固有番号・ロット印字等の微細な表示は除く)。ですのでメーカーは印刷はラベルに付しており、ボトル本体の識別表示マークも、印刷ではなく刻印で対応していたのです。

脱プラスチックに向けた世界の動きは活発化する一方です(新型感染症で現在若干停滞中ではありますが)。
資源効率性を高めていくために、必要であれば制度変更を見据えた上で、フレキシブルに考えていくことが今後も猶更求められてきそうです。
"ラベルレス"のブランディングを図る時代。
無印良品がどれだけ最先端いっていたかがわかる。
ラベルレスのボトルはいいですね!SDGsに積極的に取り組むことで、ブランドイメージも商品の好感度も上がっていくと思います。水だとサントリーの天然水やコカコーラのいろはすが強そうなイメージです。
アサヒ飲料株式会社(アサヒいんりょう)は、1982年(昭和57年)に設立されたアサヒグループホールディングスの清涼飲料水部門の子会社。本社は東京都墨田区吾妻橋1丁目23番1号。設立当初は「三ツ矢フーズ」だったが、1987年(昭和62年)に「アサヒビール飲料」と社名を改め、さらに1996年(平成8年)に現在の社名となる。 ウィキペディア
アサヒビール株式会社(英語: Asahi Breweries, Ltd.)は、日本の大手ビールメーカーで、 アサヒグループホールディングス株式会社傘下の子会社である。 ウィキペディア