新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学位論文をスペースプレーンの複合領域最適化で書いて以来、一貫してその実現が夢であり、おそらく生涯にわたる目標になっています。
30年後、空港でスペースプレーンに搭乗する。飛行機のように離陸した機体は速度と高度を徐々に上げ、宇宙に到着する。宇宙ステーションで地球行きのスペースプレーンに搭乗すると、空港までひとっ飛び。
ロケットではなく飛行機。機体は何度も何度も宇宙と地球を往復。