新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均-1.57%、TOPIX-1.64%、マザーズ-1.72%、REIT+1.92%。
金曜の米株の下落で、元々先物からして弱かったが、特に後場からは為替が少し円安に戻っていったことも背景に粘った印象。ただ引け後1時間ほどした16時現在ではダウ先物は再び-50ドルほど、また引けにかけて伸びた反動で日平均先物も-300円ほどになっている。
アジア株は上海-0.9%、香港-1.1%、韓国-0.05%、台湾-0.7%ほどと小幅なマイナス。また欧州市場はプラマイゼロ近傍でのスタートとなっている。

業種別にはプラスは電ガス+1.95%、食料品+1.19%、医薬品+0.82%など6業種でディンフェンシブ。マイナスは空運-7.05%、銀行-4.31%、保険-4.28%などが大きい。
個別ではANA-9.97%、コマツ-6.96%、SMBC-6.29%、MUFG-5.31%、ソフトバンクG-4.99%などが目立つ。
明日は重要な決算期末ですから、日銀やGPIFがどんな動きをしてくるかがとても注目されます。
本日の日経平均株価は前日比マイナス304.46円の19,084.97円で終了しました。
16時の現在、ドル円は108.10円台で推移しています。

志村けんさんの訃報で悲しみが広がり、マーケットも元気がなくなるのではないかと思っておりました。
過度のドル高が是正され、市場のボラティリティも小さくなってきたように感じます
つまり正常化の方向に来ていると思います、下げはしましたが悪いことばかりではありません
決算の多い3月末までは我慢するでしょうが、非常事態宣言は必至と考えています。