新着Pick
747Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大事な話しですよね。

新型コロナ(SARS-Cov2)へのワクチンが期待されている一方、すでに確立されているワクチン接種率が、コロナ禍の中で下がっていることがNPO法人「VPDを知って、子どもを守ろうの会」の調査ではっきりしてきました。

※VPD「新型コロナウイルスの流行で小児ワクチンの接種率が低下」
https://www.know-vpd.jp/news/20741.php

保護者さんがご心配なことはよく理解できますが、SARS-Cov2と同等以上にこわい感染症も多く、接種控えは流行の素地になりますよね。
コロナ禍が終わったあとにと思っていると、むしろ三密になってしまう可能性も考えられますし…

基本再生産数は、SARS-Cov2よりもはるかに高い、ワクチンで防げる感染症も多いです。あくまで予防接種により実効再生産数が下がっているに過ぎないですしね。

このことに関しては、3週間ほど前にYahooに記事を書きました。
https://news.yahoo.co.jp/byline/horimukaikenta/20200504-00176635/
【追記】ご厚意で無料公開して頂いているので、ぜひNP外にもシェアして頂けますと幸いです。
特に風疹の話は、予防接種と縁遠い年代の男性が対象なので、まずは広く知って頂くことが大事ですので。
(追記ここまで)

毎日COVID-19の感染者数やらワクチン開発やら話題になっている今こそ、感染症の脅威と予防の重要性を認識する時かと思いきや、

むしろ予防接種の接種率は低下傾向とのことで、
新型コロナと、一般的な感染症の脅威とは、全く別物としてしか認識されていないのだと危惧し、寄稿させて頂きました。

子どもが受ける予防接種だけではなく、
大人が受けれるべき予防接種もありますので、
お子さんがいらっしゃる方だけでなく、多くの方に自分事として読んで頂けますと幸いです。

読んで理解するだけでなく、該当する方はぜひ行動変容を!
風疹、麻疹、おたふくかぜなどは、日常生活でほとんど気にすることのない病気だと思いますが、これはワクチン接種が広く普及しているので大きな問題にならずに済んでいるわけです。これらの感染症が他国で問題になっているケースは挙げればきりがありません。

例えばサモアではワクチン接種に関連した医療ミスから、国民の間でワクチン拒否運動が広がり、2018年から2019年にかけて麻疹ワクチンの接種率が30%台に落ち込むという異例の事態になりました。その結果、2019年に麻疹の大流行が起こり、人口約20万人の国で4000人以上が感染、60人以上の小児が死亡するという悲劇が起こりました。2019年11月からは大規模な学級閉鎖を行い、WHOの支援を受けて急遽数万人規模のワクチン接種を行っています。

現在日本でも、新型コロナへの感染が不安で予防接種を受けに行くのを控えている親が多いためか、最近数ヶ月で予防接種を受けていない子供の割合が増加傾向で、同様の事態にならないか心配です。
https://newspicks.com/news/4924264

こういった記事で知識を身に着け、病気を正しく恐れるという姿勢が重要だと思います。
稲葉先生によるワクチンに関する良記事です。

私からは、大人の病気を見る医師として、大人側のワクチンの補足をさせていただきますね。

まず、インフルエンザワクチン。今年は特に、コロナウイルス感染症も相まって、秋冬に混乱が起こることもありえます。インフルエンザと混合感染した場合に何が起こるのかは、データもありません。また、インフルエンザは国内だけで年間で最大1000万人に感染し、1万人の命を奪う感染症です。インフルエンザのワクチンは、禁忌がある方を除くすべての方に推奨されます。ぜひ接種してください。

肺炎球菌ワクチンは、現在のところ、補助の出る「定期接種」は65歳以降の5歳おきのイメージが強いですが、40歳以降の腎臓、肝臓、心臓の持病のある方、HIV感染症で免疫力が低下した方にも補助が出ます。

また、それ以外にも喘息のある方、喫煙をされる方、肺気腫のある方、免疫力の低下した方、こういった方は若くても肺炎のリスクが高く、接種が推奨されます。残念ながら自費になってしまいますが、こういった方々にも肺炎球菌ワクチンは有効で、致死率の高い肺炎から身を守ることができます。

子供の接種とは対照的に、身近では肺炎球菌ワクチンを接種に来る高齢者の方が増えているようにも感じます。しかし、肺炎球菌ワクチン一つとっても「高齢者のためのもの」では必ずしもありません。日本国内では残念ながらこういったワクチンの啓蒙がほとんど全くないのですが、改めて見直していただきたいことですね。
高齢者の細菌性肺炎での死亡率は10~20%程度です。記事の通りワクチンで防ぐことのできる肺炎球菌性肺炎がその原因の一つです。Sir William Osler(100年以上前の医師)が「肺炎は老人の友である」と述べています。死因としては2016年までは第3位でした。現在5位になっていますが、肺炎だった患者の中で治療を行わなかった場合などに老衰として申告するケースが多くあります。つまり老衰と扱われる病院内死亡の中に肺炎が多くいる可能性があります。
もし肺炎にならなかったら、なったとしても入院を避ける事が出来たら、その人の人生(自分の父母など)は最期まで安楽に過ごせるかもしれない。という思いで自分と会う患者や患者家族に接種を、同僚、研修医には接種を勧めるにお願いしています。
「『肺炎』は日本人の死因5位で、そのうち1/4~1/3は肺炎球菌が原因。2014年10月から、65歳以上の高齢者を対象として肺炎球菌ワクチンが定期接種となった。
肺炎球菌には93種類の型があり、ワクチンで予防できるのはそのうち23種類、重症の肺炎球菌感染症の64%が予防できる」とのこと。ワクチンは最大限活用したい。#ワクチン
🏥💉ワクチンで予防できるものはするに越したことないですね。今回のコロナで他の感染症への関心は高まっていると思うので、接種者が増えるといいなと思います。自分がかかりづらくなるだけでなく、媒介になるのも防いで周囲のためにもなりますね。

ところで、コロナ対策でマスクや除菌、徹底していますが、しばらくしたら、ウイルスや菌に対する抵抗力が弱くなるのではないかと心配です。元々かなり病気には強い体質なのですが、次の冬など色々と病気になりそうだな、と戦々恐々です。
すごく良記事でした。きちんとワクチン摂取を広めたい。
政治思想や経済戦略は正解がないので多様性を認めてお互いリスペクトすればよいのですが、科学によってエビデンスがあるものは賛成とか反対とか意味ないので、ちゃんと広めるべきと思う派です。科学の否定は人類が進歩してきたことの否定ですからね。
日本で風疹の予防接種が男性も対象になったの1979年度生まれから、というのは、去年まで知りませんでした。

記事にある通り、政府から予防接種のクーポンが何度に送られてくるので、「どうしてだろう」と思っていました。歯科検診のクーポンも定期的に送られてくるので、あまりに深刻に受け止めていなかったのです。

ところがクーポンが送られて来ること3回目くらいの時に、自分は予防接種の対象ではなかったと知って驚きました。母子手帳を確認したところ、確かに風疹の予防接種の記録がなく、さらに驚きました。(アメリカに留学するには結核の予防接種の申告が必要ですし、東南アジアなどに出張する時には予防接種を何本も打つので、まさか、風疹のような誰でも知っている病気の予防接種を受けていないとは、夢にも思っていませんでした。)

そこで、去年の秋にクリニックで風疹の予防接種を受け、今は安心しています。
COVID-19の影響で、予防接種を受けていない子供が2割ほど増えているという報道がありました。コロナも怖いけど、その他の感染症にも気をつけなければならない。ということがよくわかりました。

毎日平均8人の女性が死亡している感染症、毎日平均2人の子どもを不治の難聴にしている感染症があることには驚きです。