新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年で社会人19年目ですが、新卒の頃は流石に自席ではもう吸ってなかったですが、ミーティングルームに灰皿あるところありましたね。飛行機でも吸えたし。吸わない私としては、過ごしやすい世の中でありがたい限り。

4月より職場における喫煙状況に関して、求人情報にも明記が義務付けられることになりました。

▼従業員に対する受動喫煙対策について https://www.mhlw.go.jp/content/12602000/000493814.pdf
新型コロナの影響で会社の隣のプロックにあるビルでは喫煙室が使えなくなりました。外の駐輪場あたりが喫煙所となっています。札幌駅前のパスポートセンターのあるビルは喫煙所が屋外にありますが、その副流煙が地下通路に流れています。新札幌のJR駅から地下鉄へと向かう地下にある地下街ではパチンコ店から副流煙が地下街に蔓延しています。アリオ札幌では喫煙室の前に赤ちゃん用のベビーカートが並べられており、そこも喫煙室のドアの隙間から副流煙がながれて充満しています。

日本の中でも喫煙率の高い札幌では、さまざなところで受動喫煙の危険があります。しかも、子どもや赤ちゃんに被害を及ぼしてしまうような場所が多いのです。今回の法改正でも抜け穴が用意されてしまったので、今日までよりは少し厳しくなる程度にしか思っていません。

北海道議会の新しい建物を建てているのですが、公共施設は禁煙となっているにも関わらず、今年完成の北海道議会庁舎に自民党会派の強行可決となり、会派控室に喫煙所を設けるそうです。時代錯誤なだけでなく、北海道の未来を築く方々が新しい健康促進法に反するようなことをして、さらにそれが税金によるものだというのは呆れてものが言えません。
「喫茶店」はだんだん「茶店」になる潮流ですね。