新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もちろん、異論がすべていいこと、というわけではないですし、
たとえ正論であったとしても、受け入れられなければ意味がなくて、
どう主張するかも重要ですし、
逆に、受け入れる側の日本社会ももっと醸成されないと、とは思います。

まだコロナとの闘いは終わっていないどころか真っただ中ですし、
岩田先生の貴重な知見もぜひ活かされながら、
日本にとって最善の対策がとられますように。
まだわからないことの多い事態に、異論が出て議論が起こることこそ重要なのは全くもって同感ですが、記事の内容については訂正させていただきたいところもあります。

記事のリリースとの間にはタイムラグがあるはずなので、岩田先生ご自身もすでにご存知なのではないかと思いますが、都の公表している検査数には、「医療機関で行われた保険適用の検査」が含まれておらず、実際の検査総数はわかりません。

公表されている検査数が増えていないことは、濃厚接触者に対する検査のような保健所主導の検査が増えていないことを意味しますが、それ以上を意味しません。

一方、病院で症状がある方に対して行われる検査は保険適用なので、これが十分増えていれば、感染者はほぼ同様の割合で捕捉できているのかもしれません。ただし、これは公表されていないので分かりません。

また、議論が起こることは良いことですが、例えば「経済を助けるために人は外出すべきだ」として実際に多くの方が行動に移されてしまえば、それは公衆衛生的に大きな影響となります。異論を唱えるということが実行を意味する方もいらっしゃることを考えると、タイトルが誤解を生まないかという懸念も抱きます。

議論が大切なのと同じぐらい、実際の行動として、協力や支援が大切であることも併せて強調させていただきたいと思います。
『失敗の基準がなければ、何が起きても失敗にはならない。失敗を認知して方針を変えられるのは、プライドと気概、そして正義感を持ったプロフェッショナルだ。』

しかし実際の検査総数さえ未公表では…
ー関係諸氏は否定するだろうが。オリンンピックに対する忖度が危機対応を遅くして、失敗した。
ー人工をもとにした抗体検査をすべき
ー不確かさに耐える