新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「○○が伸ばす」「○○がダメにする」と決めつけないこと。

褒めるときもあれば、叱るときもある。それでいいでしょう。家庭で傷つかないようにしても、外で傷つくこともあります。

これがあれば大丈夫なんていう教育法はありません。最終的には生涯どう学んで、どう成長するかです。

短絡的に1つのアプローチにすがるのではなく、リードする大人がもっと考えましょう。
共感できる部分もあります。とはいえ、今後、若者世代が管理職になった時に指導するのか、そもそもフラットな組織が普通になり指導するという概念すらなくなるのかはこれからの社会構造次第。
むしろ、学校教育よりも家庭教育、それ以上にどういった仲間と共に学生生活、社会人生活を歩むかで本人への影響が大きいように思います。
だからこそ、ダイバーシティが大切なんでしょうね。
何事もバランスが大事だと思います。

親が子どもにどんな大人になって欲しいか?
それを言葉だけでなく、態度でも伝える事だと思う。
ほめるも叱るも頭ごなしはいけないと思います。

何が良くて何が悪いのか、それをはっきりさせて、
諭すのが良いと思います。
子どもにもよると思います。
エビデンスベースでない教育系の記事は全て無視で良いと思います。本記事も「子供がダメになっている」エビデンスデータが見当たりません