新着Pick
361Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
井深さん、盛田さん、本田さん…僕が敬愛している経営者たちは、このラリー・ペイジと同じようなことを言ってます。
アイデアマンが成功するのではなく、また評論家が成功するのでもなく、唯一実践した人だけが成功する。それも数多の失敗の山の中から反省と勇気を持って何度もトライして宝物を見つけるということだなと。

Googleは立派な大企業であり、それでもこれだけ新しいことを続けて、失敗を重ねることができるのも、コア事業がめちゃくちゃしっかりしているから。
それとやはり資本構成にあるのではないかと思う。
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」というコメントに興味を持った。
実行までの時間をいかに効率よく短くするか? うまくいかない時のリスクをどう予測し受容するか?
今日本企業が抱える課題と重なる。
心底実感して、行動指針にできるか?

まさに、ここでも言われている通り、実行できてはじめて価値あるものになる。

勇気を持って挑戦し続けたいです。実践者の名言を目にするたびに、肝に銘じています。

感動するだけでは、何も変わらないので。
「「そんなバカなことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はいないも同然だ」
バカのレベルにもよるが、確かに正しい。


「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」
バカのレベルを測る基準。具現化すればバカが天才と呼ばれる。
アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる。
マーケットニーズを見据えて、いかにスピード感を持って実装できるか。新しいビジネスはそういうものだと思っています。
どんな環境の中でも、ニーズを捉え、価値を届けるために動き続けることが重要。
本当に、心が高ぶる名言ですね。数年前に、GoogleのCHROの方と対談させて頂いた際にも、同じことを話していたのを思い出しました。「やるかやらないかの差は大きいと…。だから、20%ルールを設けたんだ」人事制度で求めるだけでは十分では無く、シニアエグゼクティブのスポンサーシップを確約するための制度でもあったと…。実は、シニアエグゼクティブと目線を合わせて物事を考え、実践してみることを求めているんだ…と聞いた時に震えました。人事制度も構築して終わりではなく、そこに込めた"想い"を具現化するために、一人ひとりの行動変容を促す"仕掛け"が必要なんだと気づかされました…。
以下が記事中に書かれている5つの名言です。

シリコンバレー的なのは、2、3、4ですね。

(以下、記事中から引用)
1. 「そんなバカなことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はいないも同然だ
2. アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる
3. 大胆な挑戦の末での失敗ならば、問題ではない
4. イノベーションは小さなグループから起こる
5. 夢を持つなら、とびきり野心的な方がいい。その方が前に進めるから

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Googleの現在の姿はラリー・ペイジの理想を体現したものであると思う。「こんなことは我社では出来ない」という前に、大企業であってもイノベーションを創造する経営戦略を考えなければならない。適者生存のためにも必須だ。
シンプルだけど実践者としての迫力が違いますね。
素適な言葉がいっぱいだな。