新着Pick
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インド系の会社にいたんですが、インドには2つの急成長要因があります。マクロでは国内市場の大きさです。ミクロではグローバル競争力です。インドのエンジニアの優秀さ、従業員のハングリーさ、そして何よりコストの安さ(土日出勤は当たりまえ、残業手当なし、オフィススペースに何人でも詰め込めるなど)私たちの世界ではあり得ない世界があります。成長を求めるならインドは見逃せない市場ですね。
インド気になりすぎる。
中国IT企業もカルチャーや規制的にハードルの低い東南アジア開拓以上に、困難だけれども潜在力あるインドに照準をあわせてる印象
「米国の移民政策によりインドに帰国するスペシャリストが増加」。アメリカで学んで母国に戻る人材が活躍する中印がイノベーションの軸となる。アメリカは入学制限をかけるのか、移民政策を元に戻すのか。数十年スパンの戦略です。
もともと、人口が多く、優秀な人の人数が多い、加えて、独自の哲学をもっているので、新しいことに関しては貪欲という良い面をもっているのがインドですよね。

反面、弱点としては、現時点では、ハードウェアは中国に、強く依存していることかもしれません。ソフトウェアは自前でできますが、ハードウェアは、まだまだです。

あとは、巨大国家にも関わらず民主主義、多民族国家であることもリスクです。

いずれにしても、大きなポテンシャルがあることは間違いありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません