新着Pick
329Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日、集中ヒアリングで安倍首相に意見を述べさせてていただきました。
どこまで聞き入れられるかわかりませんが、対策は最低真水で20兆円以上必要で、迅速な給付金支給や消費減税の時限措置等を要望してきました。
これが就活の面接だったら、

「だらだら長い」
「何言っているかわからない」
「目線が定まっていない!」

ということで、不合格でしょうねw
内容以前に、何故オンラインで会見をしない?
まさに三つの「密」ですよね。
こういう映像をみたら、まあ集まっても大丈夫だよね、と無意識に国民の危機感が薄れてしまうと思います。廊下を走るなと怒る先生が、廊下を走ってる感じ。

あ。スピーチ内容自体は、長期戦に備えましょう、という温かくて、今の状況にふさわしいものだったと思います。
ふわふわした、ポエムみたいな事しか言っていません。
「希望の灯火になるべく…」
「暗いトンネルのような…」

今が、正に瀬戸際ならば、「今、何をすべきか」「今、政府が何をするのか。いつまでにやるのか」を話さなければならないのに、未だにコロナが収束した暁にはV字回復を…とか、今、話すことではない、と思うのです。

会社でも、ポエマーなひと多いけど、日本語ってまどろっこしいのか、ポエマるのが美徳なのか知らんけど、もっとわかりやすく話してほしい。

今日は三点お話します。
①●●●●
②●●●●
③●●●●
の3つです。

と結論から話してくれんかなぁ。
2/29の会見も、同程度の会見だったと思うのですが、当時のNPコメント欄では絶賛。
なにが変わったのだろうと思うのだけど、今回のコメント欄は辛辣。
危機感が自分ごとになったのでしょうか。

ニューヨーク州知事の会見と比較すると、悲しくなる。
https://newspicks.com/news/4759685/?utm_source=newspicks&utm_campaign=np_urlshare&utm_medium=urlshare&invoker=np_urlshare_uid110042
世界中が注目している中で「イノベーションの力で」というメッセージよりも、平和の国としてのスタンスを、メッセージとして発して欲しかった。「敵と戦う」という表現も、もっと別の言い方があるのではと思えてならない。
今聞いているところです。リーダーの役割として、ここぞというときに出てきて、強いメッセージを出して協力を呼び掛けながら、不安を払拭するというものがあると思いますが、あまり新しい内容がないままわざわざ週末に会見を開き、しかもどうも質疑応答は自信がなさそうな話し方でこれでは不安払拭どころか不安煽られる感があります…。
行政にいた側からすると、これでも最大限踏み込んでいる方だと思います…もちろん、国民に協力を呼び掛けるのにもっと上手い話し方、伝え方をできる人はいるのでしょうけど、総理大臣というものがそういう軸で選ばれるかというと、そんなことはないわけですし。。

議会、予算の仕組み。憲法法律で行政に与えられている権限。そして年度末というタイミング…
補正なんてやらずに当初予算を組み替えてしまえ、という話はできない。審議がやり直しになる。予算成立前に緊急経済対策=補正予算のアクセルを踏む、具体的なリストを作ることはできない、と。。
(以下は会見前のコメント)
安倍総理は,昨日,新型コロナウイルス感染症の実体経済への影響に関する集中ヒアリングにも出席しています。

緊急事態宣言を出す,出さないにかかわらず,国全体で,防疫と経済支援の両面でレベルを上げた対応が求められるところですが,他方で,現在進行形の難事でもあるので,今日の段階でどこまで具体的に踏み込んだ話ができるのかが微妙なところですね。
ともあれ,会見の内容はとても気になります。

※ 上記ヒアリングの資料は,以下の内閣府サイトで確認できます。
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/keizaieikyou/index.html
お願いはするけど、対策については姿勢を示すだけで、新しい対策案も具体的な数字も出さない謎な会見でした。この会見だけ見ると、やる方がマイナスだと思いました。

上田さんがコメントされているように、来週のロックダウンに向けての置き石会見なんじゃないですかね。