新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
S&Pは、3月27日に、以下の国の国債の格付けを格下げしています。
メキシコ
ナイジェリア
トリニダート・トバゴ
オマーン
ボツワナ
 ボツワナ以外は産油国で、政府の歳入も、経済全体も石油に依存している国ですね。
 一方、ボツワナは、ダイヤモンドに依存しており、経済のあり方が南アフリカに近いです。
 3月になってから、まず原油価格の下落が著しく、産油国の政府歳入は壊滅的な打撃を受けていますが、天然ガスも、鉱物資源全般も、国際市場価格を下げています。たとえば、銅の生産が経済に大きな割合を占めるチリなども、受ける打撃は大きいでしょう。南アフリカの場合、そのうえ、ロックダウンのため金やダイヤモンドの生産・出荷が停止しています。
リーマンショックの際に、格付け会社は大いに叩かれた。あのトラウマからなのか、今回は各格付け会社が、やたらと格下げに走っている。やむを得ない面もあるが、足元の環境での格下げは、経済や金融の不安を増すだけで害しかない。何故なら新型コロナウイルスが終息する期間で状況は全く異なるし、次々に打ち出される政府の信用対策、経済対策の効果を格付け会社は織り込めないからだ。こんな状況で企業はガイダンスさえ発表できないだろう。格付け会社も、当面は格付け据え置きで良い。
リーマンショックの時は、バブルが崩壊するまで、平時の時に格付け会社は高格付けを付与しまくった。そこが問題であり、今回のように災害的な問題が発生してしまった後に、その影響を見積もって、格下げを乱発して、企業活動をより苦境に落とすことではないと思うが。
日本では個人向けに南アフリカランド債が大量に提供されてきました。
一般個人の方に債券のクレジットリスクは、肌感覚的にはなかなか伝わらない。
対面営業でも難しく、ましてネットでの販売では伝わらない。
COVID-19の影響を受けない企業、国家はない。すべての信用格付けが格下げになっても仕方がないくらい厳しい状況に陥っています。

COVID-19は、リスクマネジメントが弱い企業や国家、環境適応できないところを浮き彫りにします。恐ろしい。
村松さんのコメントにあるように、今回は良くも悪くも格付会社の動きが早いと感じる。
あと、ファンドは一般的にガイドラインというものが存在し、何に投資して良い・投資してはいけないというのが決まっている(その厳しさは投資戦略によって違うが)。そのなかで格付けが変わるとき、特に投資適格→投機的に変わるときには、「持てなくなる」ものが出てくる。それが売り圧力を加速させることも出てきそう(一定の猶予期間は実務上あるとは思うが…)。
南アフリカのソブリン信用格付けが「Baa3」から「Ba1」に格下げとなりました。
「Ba1」とはジャンク級に該当します。
「ムーディーズは格下げの主な理由として、財政的な堅固さが引き続き弱まっていることや成長が構造的に非常に弱いことを挙げた」とのこと。

業績