新着Pick
310Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中でもNY州の4万4876人という数字が際立っています。感染が確認されてから重症化し死亡するまで1週間前後のタイムラグがあるため、残念ながら死者数も指数関数的に増えていくと予想されます。

NYの救急医が惨状を語った動画が印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=bE68xVXf8Kw

武漢やイタリアなどでも見られましたが、救急外来のナースステーションにいる人が全員防護服を着ている状況。本来であれば、部屋ごとに防護服を着脱し、感染を防ぐ必要がありますが、防護服が不足しているためか患者数があまりにも多いためか、それが出来ていません。救急外来全体がいわゆる「レッドゾーン」になっています。交通事故や心筋梗塞で搬送されてきた患者さんも、二次的に感染するリスクが高く、カオスな状況。

そして医療従事者の防護服が足りないということは、彼らはとてつもない感染のハイリスクな環境で働かざるを得ないということ。日本でもこの状況が目前に迫っています。何よりも、医療機関への十分な防護服やマスクの供給が急務です。
ここ数日の伸びがものすごい。日本も決して対岸の火事ではない。むしろ「一歩手前」という危機感を持つべき状況。ロックダウンが現実とならないよう、まずは今日、明日と、自宅でゆっくり過ごしましょう!
数字を追いたい方、このサイトが非常によくできています:
https://covid19info.live/

しかしアメリカの医療システムは本当におかしい。対GDP比で18%もかかっているのに。市場原理に任せればなんでもよくなるわけじゃないことの、今一つの例ですね。
昨夜のBS-TBSの番組『報道1930』で、トランプ政権がつくったアメリカのアキレス腱を解説していました。トランプ政権は、NSC(国家安全保障会議)の疾病対策センターを解散させ、CDC(疾病対策センター)の世界疾病予防予算を8割削減しました。さらにオバマケアの見直しにより、200万人が保険を失い、2750万人が初診料1300ドル(14万円)を求められると説明していました。コロナ禍で、アメリカは何を学ぶのか、それが大統領選ほ結果を左右します。ただ、今の医療崩壊をなんとかしないと選挙も行えなくなります。
ニューヨーク州などで、検査を待つためにまだ寒い中、外で並んでいるのは、医療費を払えない、払いたくない人々ですよね?
ちゃんとした最先端な病院にきちんとお金を払える富裕層は、このような医療を受けていないと思うのです。

イタリアはよく知りませんが、イギリスも保険を使わない病院があり、金持ちは普段からそちらを使っていると思うのですが…

アメリカ、EUで医療崩壊が起こっていますが、イギリスの保険医療をしない病院、アメリカの富裕層しか行けない病院も含めて、この惨事なのか?気になっています。

もし、まだ金持ちしかかかれない病院が治外法権的になっているのであれば、今のこの惨事は、元々、インフルエンザでは病院に行けない人々の姿。
この辺りの医療体制は、日本と違うので、その辺り突っ込んた実情が気になります。
さあ来週もガンバルゾ、home office for me & home school for kids. ちょと慣れてきたし、暖かくなって来たので、午後3時には終わりにして、ムスメ達と自転車のるルーティンにしましたよ (あ、朝は4時に起きてますが)
イタリアの死者が9100人とは・・・。

本当に止まるところを知りませんねー。
いよいよ10万に突破か。
義兄さんが昨年からフロリダ勤務だが在宅勤務を言われているようだが、これではアメリカにいるよりかは帰国した方が安全だと思うな。
アメリカの新型コロナウイルス感染者数がついに10万人を超えました
新型コロナの年齢別死亡数

中国   10歳未満 ゼロ
アメリカ 20歳未満 ゼロ
イタリア 30歳未満 ゼロ
日本   50歳未満 ゼロ

https://www.worldometers.info/coronavirus/coronavirus-age-sex-demographics/
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/69/wr/mm6912e2.htm
https://www.epicentro.iss.it/coronavirus/bollettino/Infografica_27marzo%20ENG.pdf
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

ちなみに日本は60代もゼロ! 50代が1人だけで他は全員70歳以上