新着Pick
273Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日から利用可能なこの対策は「音楽家」向けなどの対象者別はなく、「どの個人も」、「非営利向け」「フリーランス向け」ではなく「どの団体も」の施策で、結果としてフリーランスや非営利団体も対策されています。大変合理的です。またすでに今日から利用可能になっています。ロジとセットですね!

フリーランスも失業保険を受け取れる。誰でも、フリーランスでも、通常の失業保険に上乗せして一週間当たり600ドル多い金額を4か月間受け取れる。適用期間は2020年1月27日から12月31日まで。(ひと月だと大体25-27万円くらい?)
通常では失業保険に全く関係ないフリーランスにも適用される。これにより結果として多くのアーティストや舞台関係者が救われるだろうと予想されています。もちろん音楽や舞台に関係なく誰でも。フリーランスでも誰でも受け取れるということです。

500人以下の非営利団体、フリーランスも含め、あらゆる種類の団体で言うところの給与(アルバイト代、休業保障費用なども)、社会保険費用、保障費用のローンがすぐに受けられる。2020年2月15日から6月まで。フリーランス向けにもこれと同様のものが提供される。ローンの限度額は10MM USD(11億円)支払い猶予は6カ月。500人以上の団体にももちろん対策はあります。 501(c)3条適用の免税措置受けている団体に関連するの対策を抜き出していますが、営利企業も非営利もフリーランスも同じというだけで対象は限定されていません。

そのほかにも寄付を促す施策などもろもろあります。日本は企業向け施策は非営利だと事業性チェックで無理、勤労者向け施策はフリーランスだとダメと言った対象限定での対応が多いですが、是非そうではなく法人なら全法人、個人なら全個人を対象にしていただきたいです。

業界団体、政治家の皆様、行政官のみなさま、アメリカはメトロポリタン・オペラ一団体(年間事業規模380億円前後)で日本のクラシック業界全体(325億円程度と言われる)をやすやす超えるほどクラシック産業も大きい。文化の豊かさがそもそも日本とは比べられないですが、これだけの対策をしても、半数のオペラ団体が消えるという予測すらあります。業界別や対象者別に考えるのではなく、全体を救う対策へのご配慮を是非よろしくお願い申し上げます。
感染者数であっという間に中国を超えた米国。
対策予算を通し、いよいよ実弾を打ち込める用意が
できた。ここから一気に巻き返しを図ろうとするはず。
米国の国家の威信をかけた取り組みに期待したい。
アメリカ絶賛ではないですが、アメリカの経済対策の事業規模2兆ドル(220兆円)のうち真水にあたる部分が1.8兆ドル規模(GDP比約8%)と言われているのがすごいところ。

一方で日本も50兆円を超える規模の経済対策が報道されてますが、伝え漏れる情報によると、真水は15兆円程度とのこと。財務省、いい加減にしろよと言いたくなります。

これ、分かりやすく言うと、残りの35兆円はどこかのお金を削って経済対策に回すってことで、削られた方は予定されていたことができなくなることを意味します。従来の支出予定に新たにドンと追加する、それが真水です。それを待っていますし、それが今の日本には必要です。
このスピード感… 羨ましい。民主党が過半数を占める下院ですら満場一致。それには引き換え日本は… 野党は再度 森友•加計持ち出したり、自民党も商品券案だの和牛案だの出して世論の反応見てる。自分達にとってリスクのないやれる事をやろうとしている態度には辟易する。やるべき事を精査して、決めて、勇気を持って進めてほしい。そうなったら国民もついてくるよ。
まさに経済を止めないためのユニークな雇用促進法案だと思います。国民の不安、雇用者の不安、従業員の不安に答えている内容です。4ヶ月以内にコロナが収まると考えた上での見込み発車ですが早急にやることはやりました。中東のオイル情勢もよくないのでこれからトランプ政権は中東との交渉にも力を入れるでしょう
通常の記録投票 (Recorded Vote; 点呼投票: roll-call vote)ではなく、発声投票 (Voice Vote)なので、予定通り通過。ただ、現状では今後もさらなる経済対策が必要かもしれません。
GDPの10%程度という触れ込みですが、5千億ドルの大企業等への緊急融資や「3500億ドルの零細企業への融資」といったものを含んでの2兆ドルですから、融資を対策規模に入れない我が国の計算方式だとそこまで大きくないのでしょうが、巨額で早いことはまちがいなさそうで、企業には融資による資金供給、所得を失った個人には失業保険の拡充、需要喚起には過去の申告所得が75000ドル以下の大人全員に一律1200ドルの現金支給といった形ですっきりしているように感じます。
この危急時にお肉券だ、お魚券だといった思惑まで飛び出して、何が緊急対策の目的かという根本のところで混乱しているように見えなくもない我が国の“政治の力”が心配になるけれど、杞憂かな (・・?
経済対策の内容、特に中小企業への支援は工夫されている。これほどの対策を短期間で法案化する点は、やはり米国議員やスタッフは優秀だと感じる。昨日今日の話ではなく、常に危機対策のシナリオとして検討されているのだろう。トランプ大統領の支持率は、直近では5ポイント急上昇した。またコロナ対策を評価は60%と評価しないを大幅に上回っている。ひとまず国民は経済対策や危機時のリーダーシップを評価しているようだ。
ついに2兆ドル予算が通過。共和党だけでなく民主党も協力しているところが凄い。与野党一致の挙国体制
"2兆2000億ドル規模の新型コロナウイルス関連経済対策法案の発声投票による採決を実施し、ほぼ全会一致で可決"
アメリカはスケールが大きいですね。トランプ大統領だからなのか、アメリカの伝統なのか分かりませんが、凄いです。
日本は何でも小出しなので残念です。責任を取る人がいないからできないのでしょうね。
「全ての責任は私がとるので、やれ!」といえるリーダーが欲しいです。