新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このような緊急事態に及んでも銀行から借り入れができるほどANAの財務は健全だということでもあります。

いくら支援が必要だといっても、財務がボロボロな会社には銀行が融資することはできず公的支援しか助ける術がないでしょう。

世界の航空会社との比較でもわかるとおり、
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56966080Y0A310C2EA2000/

アメリカン、ユナイテッド、シンガポールは月商1ヶ月ちょっとの手元資金しか持っていません。デルタに至っては0.8ヶ月分しかありません。ANAは2.2ヶ月、JALは2.6ヶ月と相対的に余裕があります。

借入までして自社株買いをして株式市場にご機嫌をうかがう会社がアメリカには少なくありません。中には債務超過になってまでそれをやるケースも。

また最近、余計に積んでいるキャッシュは全部自社株買いで吐き出せ、投資でカネが必要になったらまたその時に調達しろ、と日本企業を揺すってくるアクティビストの動きが盛んです。

でも、日本には常に自然災害のリスクがあるから、日本人、日本企業にはそういったブラックスワンに対する備えとして、手許キャッシュを多く積んでおこうというメンタリティがDNAに染み付いているんですよね。

だから、アメリカでは「ブラックスワン」とあたかも幽霊でも見たかのように扱いますが、日本にはブラックスワンは現れるものだということが前提になっています。そもそもブラックスワンという概念がないのかもしれません。

日本企業は財務が健全なだけに、このような非常事態になったときでも日本の企業は耐性が強いのです。

それを口実に投資の計画もアイデアもないのにキャッシュをただ溜め込むんでいるだけじゃないか!というツッコミがあることは百も承知で、そういった会社があることもご愛嬌ということで。
2ヶ月ほど前か、武漢の日本人を救援に行ったのがANAでしたね!自らのリスクを顧みずレスキューに向かった搭乗員の皆さん、本当に頭が下がります。

LAから帰るときにほぼいつもNH105/106便を使っています!大好きです!!頑張ってください!!!
純利益の内部留保を悪者視し、しかも、現預金と意図的に混同させ、取り崩しを主張していた人達は、今どうしているのだろうか?

内部留保の多きさ(配当の小ささ)は、倒産リスクと投資効率とのバランスを総合勘案して決まる。「お金持ちのタンス預金」とはまるで違う。

しかも、厚い内部留保があっても、現預金が無くなり換金性の低い資産ばかりでは、直ぐに破綻する。預金でさえ、金融機関が破綻すればあてにならない。家計でたとえれば、稼いだお金を使わず、しかし株式ばかりに投資し、銀行に預金するようなものだ。

現在の状況では、現金確保が最優先。
航空会社はこれからガマン比べに入る。LCCだけでなくフラッグキャリアも需要が蒸発してしまった中で、誰が最後まで立っていられるか、という競争に入る。航空会社に倒れられてしまうと私も困るので、なんとか頑張って欲しい。
ANAさんを応援したいですね。民間で、政府から援助を受けずに頑張っている会社なので、根性がある会社だと思います。
今まで、たくさんの危機を乗り越えた来た会社なので、今回も乗り越えられられるに違いありません。これからも頑張ってもらいたいです。
航空業界は今回のコロナショック直撃ですからね。ANAほどの大企業でも資金リスク。手元流動性は手厚く。
ANAさんの連結BS, 19年3月期末で総資産2.7兆、純資産1.1兆ですね。CF見ると、19年3月期末で、現金及現金同等物残高が2118億。

https://www.ana.co.jp/group/investors/irdata/summary/
ANAホールディングスが金融機関から約1000億円の資金調達を検討しているとのこと。
ANA、1000億円の資金調達へ 7行の協調融資で(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57343850X20C20A3TJC000/
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
9,500 億円

業績