新着Pick
220Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
凄く勇気のいるプレゼンだったのではないかと思います。
その分思いの伝わるお話ですね。
今のタバコが過去のものになり、フィリップモリス社が新しい何かを生み出しているかもしれない未来を想像してみるとワクワクしますね。
もしフィリップモリスが明日、紙巻たばこから撤退すれば、問題は解決するのでしょうか。答えはノーです。

というのは禁煙を訴えておきながら説得力ない。問題解決しなくても本来やらないほうが良いことに加担を続けるのはやめられるわけだから。
企業としての責任、矜恃を感じます。なかなかできることじゃない。次の何か、を見据えているからなんでしょうね。素敵です。
コロナでどこまで我慢できるかというのと似てる。今このタイミングで閉店までは求めずとも店頭でのアルコール提供の全面禁止はやってもいいと思う。素面で1時間過ごすのも結構つらいし。それで他の業態だと大人しく休業して保証という方向なのにそうしようとしない気配があるのはおそらくレジの整備された店が少なく申告している売上高と現実に相当大きなズレがあって素直に補償を受けると雀の涙、実際のことを申し出ると逮捕も視野に入るレベルの申告漏れ、という実態でもあるんじゃないでしょうかね。
そこまで言うなら辞めさせる事業に全力投資して事業縮小計画を進めないと
タバコの会社が煙のない社会を目指すというのはとても良いこと。タバコ部屋でコソコソ密談する悪しき日本企業の文化を一新するには、喫煙室の廃止が不可欠。ただiQOSがタバコであることは変わらない。
これはインパクトあるプレゼン。素晴らしいです。
メモ、フィリップモリス