新着Pick
585Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナショックの今、まさにメディアの価値と責任と意義が問われているとひしひしと感じています。社会に、読者・視聴者のみなさまに、有益な情報をタイムリーにお届けできるよう、知恵を振り絞っていきたいと思います。
コロナショックの初期の頃、テレビの報道は各局言っていることが違っていて、どの情報が正しいのかさっぱりわかりませんでした。その理由は、現場で治療にあたっている医師に話を聞いたメディアがいなかったから。

どの業界・職種も同じですが、既存の枠組みを超える発想や工夫が必要ですね。仕事の仕方も外部との組み方もメディアミックスも、次々と新しい試みに挑戦するNewsPicksに興味のある編集者は、ぜひご応募ください!

ちなみに、記事の最後の方で佐々木さんが話しているのですが、プロデューサー視点を持つなら異業種の人でもチャンスありです!
メディアの使命として、情報強者が「生き残る」「批判されない」方法ではなくて、情報強者が社会を守るための情報を提供して欲しい。

どうも「コロナ」マーケティング企画が多く、自分たちは大丈夫という目線を感じてしまう。
新しいスタイルのプロフェッショナル集団として存在感が増してきた。 「普段から何かしらを掛け合わせてプロデュースしている人は、新しい時代の編集者になれる」を応援。
新型コロナ問題を前にして、いまメディアが投げ込むべき球は何なのか、正解があるようでない問いに向き合う日々です。
例えば検査ひとつとっても、医療崩壊を避けるためには大量の検査は必要ない(むしろ有害)、という論がある一方で、では自身や家族の健康を一番に心配する人たちの不安にはどう向き合えばいいのか。ロックダウンについても、要請では生ぬるい、強制力が必要だという論に対して、公権力が私権に介入することをそう簡単に認めていいのか、という視点もあります。よくいまの時代を形容するときに「正解がない時代」と決まり文句のように言われますが(私もよく使いますが)、その典型例を新型コロナで見せつけられたように感じており、そういう時代にメディアに何ができるのか。佐々木さん、池田さんの議論には得心するところが多かったですが、私自身はもう少し「手前」のところでまだもがいている、というのが正直なところです。
何度みてもこの組み合わせは新鮮www

NewsPicksには本当に多種多様なバックグラウンドを持ったプロフェッショナルが揃っています。NPのもとに集まった人材が最高の武器であり誇りです。

素晴らしい仲間に出会えることを楽しみにしてます。
仲間を募集してます!ぜひ興味ある人は応募ください!
マニアにはたまらない、激レアなツーショット!!
難しいことではあろうが、とにかく客観的な情報発信に徹していただきたい。

それから、コロナという「誰も良くはわからない」相手については、甲論乙論を併記していただきたい。

さらにいうと、みんなが疑問に思っている「(hear say かもしれないが)事実」を分析するようなデータが欲しい。

たとえば。欧州では、なぜイタリア、スペイン、フランスが突出して多いのか、反面でフィンランドとハンガリーが相対的に少ないのか、1万人あたりの死亡者数の国別推移はどうなっているのか。歴史的にペストやアジアコレラ、スペイン風邪のデータと収束に要した時間、それぞれの対応はどうだったか、等々です。
それにしても、新型コロナ問題が顕在化した瞬間から、関連記事のキュレーションにとどまらず、withコロナ、AfterコロナにむけたNPオリジナルのコンテンツを様々な切り口で矢継ぎ早に展開しているNPのスピード感とクオリティにただただ関心。