新着Pick
672Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私のところにも取材に来ていただきましたが、あんまり気の利かないコメントしかできずにスミマセンでした。

SBGのこれまでの経営スタイルは「孫正義ファンクラブ経営」

アクロバティックに見える経営はハイリスク・ハイリターンと表現されることがありますが、携帯通信や半導体IPなどデカイ買い物をするときにことごとく借金漬けにしてきたからです。でも、本当にそうなのか。

携帯通信事業は規制産業であり、大手3社でパイを仲良く分け合っているので、めちゃ儲かっています(子会社のSBの営業利益率は20%超え)。さらに、いくら日本が少子高齢化でパイが小さくなっているといえども、今日戦争が起きて明日いきなり人口が半減するとかでもない限り、事業は安定的にめちゃ儲かります。

世界中の半導体メーカーからモテモテのアームもライセンス収入、ロイヤリティ収入が事業の基本なので、安定的にめちゃ儲かります(今期は投資し過ぎて赤字ですが)。

基本的にSBGが買ってきた事業はキャッシュフローが安定するので、コストの安い借入金の方がお得だったわけです。

そのことを理解している銀行も喜んで貸したい。実際、すべての上場企業の支払利息のうち2割をSBGが払っているので、メインバンクのみずほ銀行は汐留に足を向けて寝られないでしょう。

そして、やいのやいのと喧しいエクイティ投資家はなるべく避けたいという思いも孫さんにはあったと思います。SBGの株主総会に行くとわかりますが、さながら「孫正義ファンクラブの集い」です。海外のメジャーな格付けが投資不適格級のSBGは社債もまっとうな機関投資家は買えないので、ファンクラブの個人が持っています。

ただ、ビジョンファンドがメインの投資会社に変身してからはファンクラブ経営も限界が見えてきました。これまでの高収益で安定した携帯通信事業と違って、ジェットコースターのように振れ幅の大きなスタートアップが投資先となれば、銀行やファンクラブからの借入に頼るわけには行かなくなります。

エクイティで調達すればいいじゃないかとの声もありますが、いま程度の時価総額では大した金額は集められません。WeWork等のしくじりもあって2号ファンドもどうやら難航。

いまは八方塞がりということで4.5兆円の資産売却には「いったん屈もう」という意図が孫さんにはあったと思います。
2000年のITバブルの時に、3日間だけビル・ゲイツを超える億万長者になり、その後に100分の1まで資産を減らした(20兆円→2000億円)ことで知られるソフトバンク。危機は初めてではありませんが、20年前と比較して、はるかに大きな金融投資会社になった同社は、どうこの局面を切り抜けるのでしょうか。

NewsPicks編集部では『週刊ソフトバンク
』と題して、これから毎週にわたってソフトバンク関連のニュースを幅広く追跡。さまざまな担当記者たちが、解説などを書いてゆきます。

持論を展開したいというピッカーの皆さん、ぜひ異論反論ふくめて、コメントいただけたら幸いです。初回は、Tesun記者によるレポートです。
孫さんのアグレッシブな経営姿勢には大変感銘を受けていますし、第三者としてはファンでもありますが、景況感が逆回転すると大変なことになると何度かコメントしたことが現実になりつつあるように感じます。

3月23日に発表された自己株式取得と負債削減のための4.5兆円のプログラムの中では「当社は、当社株式が大幅に割り引かれて取引されていると考えており、先週末の終値に基づくと、本質的な価値に対して当社史上最大幅となる73%もの過小評価となっています」と説明されていますが、裏返せばコングロマリットであることや投資会社であること、引いては経営手腕がそれだけ厳しい目で見られていることの表れだとも感じます。

SBGの投資先の成長を信じるなら、わざわざディスカウントされてしまうSBGを介さず、むしろ直接アリババ株を買えばいいんじゃないかと思ってしまいます。

孫さんであれば、きっと苦境も乗り越えるのだろうと思います。ただ、ITバブル崩壊時には株価が100分の1まで下がったという経緯もあります。
そこまでの下振れも気にしないほど同社を信頼しており、なおかつ低迷が長期に及んだ際にも耐え得る資産的な体力がある方であれば、絶好の投資対象なのかもしれません。
個人的にはあくまで一ファンとして、今後の巻き返しに期待したいと思います。
【注意:私はすでにSBG投資対象会社のOYOから退職しているので以下は個人の意見です】
SBGの上場廃止の議論がされたとの報道がありました。保有株式の市場価値より大幅にディスカウントされているSBGの株価は孫さんの注目度高い分市場が下降に向かう際はSBGにとって好ましいものではないことを示しています。企業の大きさにも関わらず非常に速いスピードで外部環境に対して手を打つが実態は企業に長期投資するファンドであるSBGにとって市場の株主対策は決して楽なものではあありません。孫さんが思い切った手を打つことのできる形にする必要は誰よりも本人が感じているのではないかと思います。
ちなみに、下記のソフトバンクGのIRページが分かりやすいが、保有株のうちにビジョンファンドが占める比率は1割ちょっと(一株当たりだと1539円、保有株全体は13883円)。
Alibabaが6822円を占め、これが過半。なので、ビジョンファンドよりAlibabaの株価で左右される(あとは約3600円がソフトバンクKK+Sprint、ARMが1300円)。
そしてAlibabaについては、中国の様々な稼働率は上がってきていて、それがソフトバンクGの保有株という観点ではせめてもの幸い。
https://group.softbank/ir/stock/sotp
時価総額経営というスタイルはネットバブル崩壊時にその危うさが露呈したのですが、それがいまも世の中に受け入れられていることにおどろきます。

2兆円とか3兆円とか、その差が1兆円とかいう数字がならんでいますが、実はとても大きな額。売り買いは簡単ではありません。とくにCOVID-19が世界を覆っているいまは。

投機ではなく、投資先を育てるという投資の原点に戻ってほしい。強くそう思います。
記事のコメントにある、未上場企業たちが、どれだけの価値があるのか確かめる手段が少ない。
不測の事態において、これは色濃くなると思うので、スタートアップ経営陣が今後の資金調達を模索する上で、投資家にどのように説明していくか重要な論点です。
わかりやすくまとめられた記事。
加えて、今回の事象には、銀行団との交渉も影響していたと想定されます。過去の銀行団との交渉や、株を担保にしていた記事&コラム
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-19/PY1YY3T1UM0W01
https://comemo.nikkei.com/n/n1b877236b827
「普通」とは?!ユニークネスな経営スタイルだからこそ伸びてきた会社。やはり同社には変わらず、攻めてほしいという気持ちを抱いてしまいます。

〉しばらくは野心を抑えて、「普通の会社」のように経営せざるを得ないのかもしれない。
客観的事実を積み上げていく作業は気持ち良い。逆回転した時に厳しくなるというのが思ったより早く来てしまった。私も以下に同感です。市場は需給で価値が決まる。売りたい値段で売れるとは限らない
"巨額の資産を売ることが、難しいと指摘"
この連載について
テクノロジーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.5 兆円

業績

株式会社アクセルは、LSIをはじめとする電気機器を開発・販売する日本の企業。 ウィキペディア
時価総額
94.5 億円

業績