新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エンタメがCD/ストリーミングとライブの価値が明確に別れていったように、教育もAI/ビデオなどによるものと、ライブ形式の講義・演習の価値が明確に別れていく予感がしています。逆に言うと、教員は「ライブとしての価値」をいかに提供できるか、が鍵。
Personalized learning の技術は、やっぱりこの業界から育って行くのでしょうねぇ 特にアジア諸国では

メリケン大での最近のonline-only 授業化で、多くの授業は録画でも殆ど問題ない、という実感が学生さんに行き渡ると思いますねぇ、特に毎年同じ内容の講義では

ワタシ今学期は、機械設計プロジェクトのクラス担当なので、自宅からライブセッション続けてます マシンショップが閉鎖してしまったので、せっかくの設計も試作が出来なくてかわいそうです
かつてサテライト予備校が席巻したように、テクノロジーが実用化されて普及してくれば、それを上手に使いこなせるところが生き残ります。

テクノロジーで効率化できるところは効率化して、捻出した時間でリアルな現場の価値をどれだけ高められるかが勝負です。

これまでのような教える技術で勝負する一方通行ではなく、相手の痒いところに寄り添う双方向が重要になります。
AIの効果データが揃ってきたことが導入を後押し。これを学校にも取り入れたい。学校でのAI利用データをオープン化して共用する環境を作りたい。いま学校IT化が進もうとしていますが、その次の教育改革のテーマと考えます。
AIと講師のベストミックスが求められているというのも心強い。AIは先生を代替するのではなく、協働してよりよい教育がもたらされる。AIと教育の融合は、他のAI利用領域に遅れを取ってきましたが、早く本格化させたいです。
「駿台が注力するのは、コーチング力の強化。「勉強のやり方を教える塾」として注目を集めるプラスティーと組んで、効果的な声かけの仕方などを講師やスタッフ全体でさらに磨いている。」
勉強の楽しさが分かるように導いてくれたら、親としては嬉しいです。
城南予備校(じょうなんよびこう)は、株式会社城南進学研究社が運営する、神奈川県、東京都を中心にした、関東地区の大学受験予備校。 ウィキペディア
時価総額
28.5 億円

業績