新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米FT紙のグラフが分かりやすい。各国のスタートラインを揃えた上で亡くなった方の合計人数の増え方を片対数グラフで示している。これを見るとスペインが実はイタリアよりも危険。また、アメリカが既にイランを追い抜こうとしており、このまま行くとあと10日も経たずにイタリアを抜く。増え方という意味で、だけれど、実数で抜く日も近いだろう。
イギリスやフランス、そしてドイツもイタリアと同じ線上にあり、イタリアが、というよりもヨーロッパ全体が大変なのがよく分かる。(各国にはもちろん人口差があることに留意が必要。その点でも中国は確かに押さえ込んでいる。)
日本と韓国はかなり健闘しているが、中国の伸びをみるとアジア人は強い、というわけではもちろん全くないので、引き続き注意が必要となる。
https://www.ft.com/coronavirus-latest
毎日のように更新される感染者数、死者数を見て他山の石と思うのではなく、東京でも不要不急の外出を控えるように要請があったように、今目の前の自分たちのことに集中した方がいいと思います。

結局、どこの国も医療崩壊が爆発的な流行に拍車をかけています。何としても医療を守る、その気概が我々には必要ですね。
イタリアでは3/21をピークに、少し新規感染も新規死者もちょっとスローダウンしました。(今日はまたちょっと増えていますが)なんとか、このまま減ってほしいです。

しかし、アメリカは感染者数では明日あたりにはイタリアを超えて世界第2位になりそう。

そして、死者急増の大半がNYです。酒井さんが紹介しているFTのグラフの「地域別」のグラフだと、NYの死者数は、武漢・ロンバルディア・マドリッドよりも急激に増えています。
今朝は、スペインで新型コロナウイルスによる死者が3,434人となり中国を超えたとも報じられています。
ヨーロッパで感染拡大が止まりません。
【スペイン、新型コロナ死者3434人 中国超えイタリアに次いで最悪】
https://newspicks.com/news/4757105/