新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クリーンルーム!
微小高精度部品の製造ラインの転用とは素晴らしい。

稼働率が落ちる製造ラインが増える他のメーカーでもやればよい。慣れない製造だから簡単ではないと思うが。

確かに150万人の従業員とその家族まで含めれば、総需要は、150万人x4x7枚=4200万枚/週だから、内製が有利。
取引先まで含めればさらに増える。

しかし、政府が買い上げては、従業員との取合いにならないか?
検討指示が出たのが2月半ばで、量産開始が3/24とは恐るべきスピードです。リーダーシップもすごいですがそんなスピードで機器を納入・設置できたのが驚異的です。いくら汎用の装置とはいえ、部品の中には長納期のものもあるでしょうし、イチから普通に組み立てて間に合うものでしょうか。そこは組み立てずみの設備を持ってきたのですよね、さすがに。

ところでクリーン度のお話です。
クリーン度の定義は色々ありますが、よく使われる米国連邦規格(Fed.Std.209E)においては、『1立方フィート(約30cm四方) あたりに含まれる粒径0.5μm以上の粒子の数』でクラス分けされています。
より端的に言えば、空気中のゴミの数=クリーン度です。値が小さいほどキレイということで。
※μm ミクロンorマイクロメートル、1mmの1/1000

この分類に従うと、28.3Lほどの空気中に含まれる0.5μm(=0.0005ミリ)以上のサイズの粒子(チリ、ゴミ)が
10個以下ならクラス10
100個以下ならクラス100
1000個以下ならクラス1000
というクラス分けになります。
クラス1やら10などというのは半導体露光プロセス、100は無菌手術室のレベルで、自然界には存在しません。(成層圏まで行けばクリーン度100の空気を吸えます)
一般工業だと
精密印刷・フィルムコーティングなどが1,000
マスク製造は一般的にどうか分かりませんが、紙や不織布ロールを扱うラインはどうしてもチリが発生しうるので精々10,000〜100,000でしょう。
液晶パネル工場は高くても1,000〜10,000以下で管理していると推測されますので、文字通り桁違いにキレイなはずです。マスクなどの衛生用品を作るのには当然適しています。

ちなみに普段皆さんが仕事をしているオフィスなどは、キレイにしてても1,000,000くらいです。服や紙切れ、ティッシュなど発生源山盛りです。
喫煙室は10,000,000オーバー。スカウターの故障ではありません。


しかし、はやしさんが仰るように、終わった後クリーン度を元に戻そうと思ったらかなり大変です。清掃するより内側に一枚壁を貼って、マトリョーシカみたいにクリーンルームを内側に新設するか、あるいはここはもう倉庫にでもして別にクリーンルームを作った方が早いような気がします。
クリーンルームがあり遊休設備だからできたという側面はあると思う。
むしろ皆様のクリーンルームの知見が集まっているコメント欄が嬉しい&楽しい&感謝!
https://newspicks.com/news/4675665
当初、シャープがマスク生産に乗り出すと表明したとき、冷淡な意見が多かったです。

私も「意思決定の迅速さ」は評価しましたが、「はたしてマスクを作る意味があるのか?」と内心では思っていました。

結果的には「大当たり」で、素直に大したものだと思っています。
なぜ、シャープか? 親会社の台湾、鴻海精密工業のテリー・ゴー前会長の号令一下で、マスク生産のノウハウはホンハイから提供されている、とのこと。……
そもそもなんでシャープにマスクが作れるのか不思議で仕方なかったので、ありがたい記事。なるほどー
作ろうと決めること。作るための現実的なの筋道をつけられること。素早くマスクを作ってしまうこと…なかなかマネできないものの、こういうことできちゃう組織が求められる時だと強く感じます…
シャープ株式会社(英語: Sharp Corporation、中国語: 夏普電器有限公司)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
6,229 億円

業績