新着Pick

新「MacBook Air」が大ヒットする2つの理由

東洋経済オンライン
3月18日、アップルは薄型ノートパソコン「MacBook Air」を刷新した。一言でいえば「コストパフォーマンスが極めて高い、長持ちするノート型Mac」という評価だ。今回は1年半ぶりのマイナーチェンジに相当するが、そ…
327Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Ipad proがノートパソコンに近くなって来たとは言え、タッチパッドケースが本体と同じぐらいの重さで合計1.2kg、価格も同じぐらいだとmacbook airに相対的に魅力映りますね、、
2018年のを使ってたけど最近なんか調子が悪くて、在宅勤務で改めて使ってみたら限界をかなり感じてきてたので早速オーダーしました!届くの楽しみ。
買います。2018年に買いましたが、最近急に再起動するようになり。
私は1990年からのアップルにお布施を払い続けていますが、新しい製品が出てもふーんって感じになってきました。コストが安いのは嬉しいですが触手が動かないなぁ、、、、
ぼくもAirを買い換えるかどうか、松村太郎さんの実機を見てから決めようかな。松村さんはiUの客員として4月から同僚になるんで。
そろそろ買い替えの時期なので、視野に入っています。
ずっとMacBook Airを買い替えて使っているのですが、他の選択肢が毎回ないくらいに使い勝手が良い。
関係無いが、iPadでマジックマウスが使える様になったのが嬉しい。
気になりますね
最近はAIRだから高負荷処理は無理みたいなこともなくなってきていると思うし試してみたいです
USB-Cにもずいぶんなれたものです
iPad のiOSがトラックパッド使えるようになって、ますます使い勝手がAirに近づいて来たので悩ましい。
良い点悪い点もレビューされています。新しいMacBook Airが気になっている方は一読いただいてもいいかも知れません。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
149 兆円

業績