新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私もSBG非上場するのが良いと思います。上場企業は株価に様々なディスカウントがなされるので、自分のバランスシートで投資を行う投資会社には向きません。
MBOは良い案です。
そもそもSBGが上場会社としてのガバナンスの体をなしていないことは、これまでも散々書いてきた通りです。
https://newspicks.com/news/4465745?ref=user_345620
時価総額が5.6兆円まで低下したときに2兆円の自社株買いをしたことで、心の中ではひょっとして非公開化の予行練習かと思いました。アリババの株をもう少し減らしても、アリババとの関係を維持しながら非公開化することは可能でしょう。その場合、負債調達力が低下しないのであれば、選択肢としてはアリだと思います。孫さんから見れば株価はいつまでもディスカウントですし、株主はうるさいですし。
 しかしそもそも時価総額世界一を目指したのが孫さん。目標設定を大きく変えることになりますね。

PS
ブルームバーグの記事の方が少し詳しくそちらではプライベート化を断念したとあります。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-24/Q7PSOPT0AFB501?srnd=cojp-v2
個人的には結構衝撃的なニュース。一般的には株式の非公開化のスキームとしては、

①投資ファンドによる企業買収、
②経営者による企業買収(MBO)、
③親会社による上場子会社の完全子会社化、
④株式公開買付け(TOB)

などがありますが、SBGとしては④で、大量の自社株を買い取って非上場化を図ることになるんですかね。確かに時価総額が無茶苦茶減少していたので、ある意味「買いやすかった」というのもありましたが…。

とにもかくにも、最近は自社株買いや多額の資産売却など、SBGの一挙手一投足が市場から注目されているのは間違いないです。
投資会社に上場は適さないのはもとより自明だが、ハイボラなヴィジョンファンドの存在やハイレバレッジな財務体質等により、いざ上場してみたら想定以上にディスカウントが効いている事、それによりセカンダリ増資など資本市場を活用できるメリットよりも、市場ボラによって受ける減損やIFRS会計独特の期間損益悪化のデメリットが大きいと判断しているのではないか。

あるいは孫さん持ち前の天才的な損得勘定や将来予測など、あっと驚く理由が将来明かされるのかもしれない。
非上場化によって、株式市場に直接影響を受けない態勢をとりたかった。それだけ、株式市場のダウントレンドがつづくと読んでいるのでしょう。

株式市場が好調なときには上場。都合が悪くなると非上場、というのはあまりにも・・・。

結局、虎の子(アリババ株)を一部売却して、損失をカバーすることになったようです。相当危機感をもっている。
エリオットは少し前に、ツイッターに脅しをかけて結局シルバーレイクと一緒に取締役の席を3つも獲得したというアクティビストでしたね。ソフバン、狙われていたのか。
上場にはメリットだけでなくデメリットもある。

資本調達による債務削減などの財務強化、知名度の向上、
職員の帰属意識の強化などがメリットだが、
業績がきちんと叩き出せているのに、株式市場のボラティリティに押されて株価が下がることで、上場前に存在しなかった無数のステークホルダー(株主)に対する対応を迫られるなど、良いことばかりではない。

本来は、それを天秤にかけて上場・非上場を判断すべきで、そのためのフリーハンドを確保することが大きな企業を経営する者の重要な役割であると考える。

市場は時に機能不全となることを忘れてはいけない。

上場会社、未上場会社の両方で役員を現に務め、会社の上場に役員として実際に関わった経験から、そう思う。
今回のSBGの動きについては様々な議論があるようだが、シンプルに彼らはあるべきことを検討し、判断しているに過ぎない。淡々と受け止めるべき。それに尽きる。
今のSBGを見ていると、上場しているマイナス面の方が大きそうです。
MBOするには、マクロ環境も後押ししているとは思いますが、孫さん、なんでSBGとソフトバンクを、あれだけの世間の批判をよそに2つとも上場させたんでしたっけ?

MBOするならば、もう二度上場しない覚悟が必要ですよね…と個人的には思います。
ボラティリティの高いファンドビジネスがメインとなったSBGの非上場化は合理的ですが、仮に実現すると通信のSBは情報開示が限定された非上場親法人の傘下になるという事になります。開示府令や東証適時開示で未上場親会社に関する情報開示は定められているものの、ガバナンス上の論点は発生しそうです。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.7 兆円

業績