新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「能力をいかせる仕事はない」と会社が判断すれば、一定の解雇補償金(退職金)を払って合法的に辞めさせることができるのが日本以外の国の普通の雇用の仕組み。当人の能力如何にかかわらず、一旦採用したら定年までの間、何か仕事を見つけて年功に応じた賃金を払い続ける義務を会社が負うのが日本の特殊な雇用の仕組み。日本では当然あり得る判決で、日本以外の国であればまず出ない判決でしょう、たぶん。
会社に命じられるまま仕事をしてきて50歳を超え、能力をいかせる仕事はないからクビ、といわれたら、かなり辛いに違いありません。日本の場合、従業員のキャリアを決めるのは会社であって当人ではなく、50代にもなって“売れる”スキルを身に付けていないのは、必ずしも当人の責任ではありませんから。
日本以外の普通の国では、どんなスキルを磨き、どんな仕事、どんな働き方で食べて行くかを決めるのは当人で、会社はそのスキルが必要な間だけスキルに見合う賃金で雇い続けますが、そのスキルが無用になれば、貢献に応じた解雇補償金を払って当然の如く解雇します。当人も、スキルが活かせない会社で働き続けたらスキルが陳腐化して価値が下がりますから、解雇補償金を受け取ってスキルが活かせる職場を探します。
高度成長期の特殊な環境で定着した特殊な日本的雇用慣行が、低成長の普通の環境になった我が国で様々な矛盾を生んでいます。そこを根本から見直し、働く人が自らキャリアを決めることができる雇用保障の仕組みと流動的な雇用市場を整えないと、日本企業は国際競争力を失いますし、従業員も安心して自らのキャリアを築く、つまり自律的に生きることができません。
日本では当然あり得る判決ですが、起きたことについて、会社側も従業員側も納得し難いところがあるもまた当然です。整理解雇の4条件といった過去の判例の積み重ねや政府の規制の在り方そのものを、我が国を取り巻く経済環境の変化に合わせ、変えて行く必要を感じます。
荒井 伽羅さんのコメント

>昼休みに1つ1つ照明を消して回る社風なんですって。

ひやあ、アカンやつですね・・・
株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.34 兆円

業績