新着Pick
648Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビッグデータを積み重ねれば解決策が出るわけではない、というのは、カイゼンにカイゼンを繰り返せばベストな商品がつくれるというわけではない、ということに通じます。
 そもそもベストな商品って何?という問いが無いままデータやカイゼンを重ねても、その商品が消費者にヒットするとは限りません。
 『市民ケーン』という米国の名画があります。「新聞王」と呼ばれ、米国の権力の絶頂を極めたケーンですが、ただ「バラのつぼみ」という言葉を残して亡くなります。幼少時の思い出に関わるらしいと匂わされていますが、誰にも意味がわからないまま終わります。おそらく、ケーンにとっては、富よりも権力よりも愛人よりも、「バラのつぼみ」という言葉で表される何かが本当に価値があったと思われます。
 ある商品が、全ての消費者に均一に価値があるなどというのは、人を人として理解することに欠けています。気難しい老人にとって、折りたためるスマートフォンよりも、レクサスよりも、幼少時に遊んだ独楽や、もう失われた風景の方が、はるかに価値がある、というのは、全然ありうる話です。価値は、誰も予想できないところにあります。
 アポリネールというフランスの詩人が、「ヒトはウマよりも早く走ろうとして、自動車を発明した」と言っていますが、ウマの品種に改良に改良を重ねて早くは知らせるよりも、自動車を発明する方が、はるかに画期的なイノヴェーションです。アポリネールは、彼や仲間の詩人や画家たちがやっていたシュールレアリスムというのは、そういうふうに、人間の文化と社会を変えてしまうことだ、という趣旨でウマと自動車の例を出したのですが、そういう飛躍と変容を、アートは引き起こします。
一個人の感想ですが、アートにしても教養にしても、「結果としてビジネスに役立つこともある」というのはよくわかるのですが、「ビジネスに役立つ」という即物的な文脈で消費されるような状況に、どうしても矛盾を感じてしまいます。
かつて「カリスマ美容師」が持て囃されたことがありますが、「カリスマ」という強烈な言葉が「美容師」と結び付けられることで恐ろしく陳腐化させたのと同様に、ビジネスの一側面にやや力技ではめ込んで、陳腐化させているような気がするのです。

それで何か困るということでもないですし、パトロンになり得る飛び抜けたお金持ちが限定的な日本では、最適な文化としての生存戦略なのだろうと理解はするのですが、それでも本来はもっと自己目的的なものなんじゃないかという違和感を覚え、なんともやりきれない気分になります。
STEMからSTEAM教育へということで、今改めてアートの必要性が高まってきています。
アートについて芸術的素養はもちろん必要ですが、センスの世界ではなく、自分のアイデンティティを表現する力と理解しています。

こちらの記事にもある「読み替える力」は、AIビジネスデザイナーとして活躍する上では必須のスキルです。
STEAMのサイエンスやテクノロジーなど正しく理解した上で、自分なりの問いをもって表現をできる人間がこれからのAI時代で重宝されていくでしょう。
「問い」の重要性を再認識しました。岡本太郎先生の「なんだ、これは!」ではないですけど、問いを突き詰めていくと本質にたどり着くのでしょうね。SMART教育の中にARTが入っているということはダヴィンチが芸術家であり、科学者であることからも不可分なのだと思います。
<「alternative future(選択的な未来)」を追求するのが、アート思考>だそうです。哲学と言い換えられるかも。

図形思考がアート思考というのは短絡的すぎる感があります。アートのベースには美が欠かせないと思います。

データを見ていただけでは何も生まれない。要はクリエイティブ力が必要ということですよね。
朝倉さんの『アートにしても教養にしても、「結果としてビジネスに役立つこともある」というのはよくわかるのですが、「ビジネスに役立つ」という即物的な文脈で消費されるような状況』というコメントがわかりやすい。


アートという言葉は、『アート』とは別物で、アート思考というものは、『アート』からは離れた、「アート思考」という新しい言葉の意味として捉えた方がいいと思う。

この記事にあるように、切り替えや、発想の転換をすることが「アート思考」という意味にするならば、それはそれでいいと思うが、記事中のバイオアートの話しは、正に『アート』の話しだと思うので、分けて考えた方が私は良いと思う。

色んな考え方が詰め込まれた良記事だと思う。
不確実性の時代。情報よりも「問う力」が大切になってきていると思います。今起きている社会、ビジネス、そして自分自身の現象に対して問いかけることが必要になってきていると思う。科学技術、ITも進化し、大量のデータを集めれる時代となったが、それらは未来を教えてはくれない。未来を形作るのは人間であり、そのときに必要なのがアート思考、デザイン思考なのだと思います。最近は、今までとは違う日常を送っている人が多い中、今こそ様々な当たり前と思っていたことに、問いかけていくと良いと思います。新しい未来が見えてくるかもしれません。
「マスク」の話じゃありません笑
未来を想像し、レゴで形にするというワークショップで、同じ会社から来た3人のレゴの造形が似たものになったという話は、ある種の怖さを感じるエピソード。
数年前に美術鑑賞セミナーに参加したことがあります。モノの見方がいつの間にか偏っていて、他の方に見えるものが見えなかったり、着想がある角度に集中していたり。自己理解が深まる時間になり、自他の違いから感じる、新たな「問い」も生まれました。日常の延長にはない、ターニングポイントになる作用がアートにはあるような気がします。