新着Pick
155Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
武漢ではこのところ新規の感染者がゼロの日が続いていますが、習近平が武漢を訪問してから「お前たち、俺がココに来た意味をわかっているよな?」と言われたかのような空気を勝手に読んで、当地の地元政府は「習氏に劇的な成果を見せなければならない」と解釈して悪い情報を一切上に上げなくなったともされています。

当地の人たちは「ほんまかいな?」と冷静に見ていますが、いずれにしても封じ込めが一定程度うまく行っているのであれば、経済は早いところ動かしたいですよね。
無症状感染者を統計から外していることが分かっているので、中国で感染が収束したというのは疑わしい。
経済優先であれば困りますが、新規クラスタ捕捉に対する自信、治療方法の目処(とキャパ確保)が前提であれば大きな前進です。武漢から脱出した人が戻るか、ここが一つのポイントでしょうね。
まずは朗報!
武漢や韓国など、
初期にパンデミックが
発生した地域のデータや
経験は、日本や世界の
感染者抑制に役立つはず。
国境を超えた情報の共有が
これからのウィルスとの闘い
に決定的な力を発揮するはず。
国際連携の強化に期待したい!
良かった!武漢の封鎖が1月23日からなので、2ヶ月半くらいで解除。ころなが広がってからだと3ヶ月半-4ヶ月。他の都市も希望が持てる!現在の内情を詳しく世界に伝えていく義務があると思う。後、全てのデータを!
妻方の家族が武漢から車で2時間のところにみんな住んでいるのですが、1ヶ月以上外出禁止を余儀なくされ、回数に制限はありますが1週間ほど前から外出できるようになりました。
武漢もですが、流石に2ヶ月以上自粛ではなく、命令で外出禁止徹底され、家の中の人以外の接触は食糧の配給くらいだったはずだったのでそりゃ減りますよね。
義理の弟も最近武漢へ出稼ぎに戻ったのですが、現在、まともに仕事はできないようですが特に問題なく過ごしています。
4月に封鎖が解除されて、また人が動き出せば再感染のリスクはありますが、1000万級の都市をこれ以上完全停止させるわけにもいかないので、どこかで折り合いをつける必要があるでしょう。
ただ、経済活動が完全に戻るには時間がかかります。
義姉の家族は幼稚園を運営していて、外出禁止期間はもちろん完全に閉鎖していたわけですが、再開のタイミングは5月以降にずらすと言っていました。
来園した子供の中に1人でも感染者が出たら、一瞬で幼稚園が潰れるからです。こんな感じで企業の経済活動への影響はコロナ収束後も尾を引きそうです。
ワクチンがない現状では、完全な封じ込めは困難であり、移動制限を解除すると再流行する可能性があります。今後の感染者数がどのように推移するかには注意が必要です。

中国政府は情報統制によって初動が遅れた反省を生かし、正確な情報をタイムリーに出してほしいと思います。
湖北省や武漢の市民や医療関係者の方々は、大変な思いをされたと思う。
しかし都市封鎖が解かれても、当分彼らの渡航は制限されるだろう。
真の夜明けを願います。
今日、一本書き、北京から報告する。
初動が遅れたために、2カ月かかったわけですね、これも条件着き解除ですが。早めの行動が後の1カ月を救うかもしれません