新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Fedへの緩和期待とありますが、欧米株は上がっていないのに日本株だけ上がるのはどう考えても異なる要因が寄与しているからでしょう。3月だけで9000億円、日銀が買っていることを無視するわけにはいかないでしょう。
日本銀行はETF(株式)の買入額上限を年12兆円に引き上げて新型コロナウィルス対策を進めています。株価が下落した局面で日銀が市場にカネを投入して買い支える構図が一段と強化されました。株価が下がれば日銀が買ってくれるという安心感が、日銀が実際に投入する金額以上の効果を市場に及ぼしている面がありそうです。欧米その他とくらべ日経平均の落ちが小さく見える背景は、たぶん、そんなところでしょう。
日銀の出動への期待感は「FRBの追加金融健和への期待感」より遥かに高いはず。ここまで来ると日経平均は一種の“粉飾”で、もはや何を信じて良いかわからない・・・ ( 一一)
1045時点で日経平均+5.6%、TOPIX+2.5%、マザーズ+8.0%、REIT+14.3%。
日経平均とTOPIXの差が実態だと思っていて、プラスにはなっているが上がり方がひずんでいる(ファストリ+9.4%、ソフトバンクG+17.0%など)。
アジア株も上海+1.8%、香港+3.5%、韓国+5.5%、台湾+4.6%などと上昇していて、ダウ先物も+400ドル(でも昨日の下落をカバーできていない水準)。米国の緩和や日銀ETF買い含めて、本腰を入れているのはもちろん株式市場としてはプラスだが、一方で出来ることを全部出していて、実際にこれから雇用や消費の数値が出たらどうなるんだろうと思う。
日本はこのまま拡散が抑えられれば相対的には圧倒的に有利。でもグローバルの消費・雇用・投資の減少の影響は受けるし、一度消費者心理が落ち込めば癒すには時間がかかる。脊髄反射だけで上がり続けられるわけではないと思う…
米国株式市場とは対照的な動き。
感染が拡大しているヨーロッパも株価は大幅に値下がりしています。
【欧州株式市場「底が見えない」 英 2011年以来の安値水準に】
https://bit.ly/2WFzroD

世界的には株安ですが、日経平均は大きく上げて始まっています。
日銀のETF買いに期待が集まっているよう。
ドル円は110.80円台で推移しており、こちらも株高の支えになっている模様。
【円相場 値下がり 経済停滞でドルを手元に置く動き】
https://bit.ly/2WEHrX2

とは言え、新型コロナウイルスの感染は拡大しており、引き続き注視が必要ですね。
ソフトバンク18%上がっとる。REITも昨日に続き大幅反発。日銀の買いの影響はあるだろうけど、日本は感染拡大が緩やかで欧米と違ってロックダウンもしていない。あくまでも相対的な話だが経済への影響は外出禁止令が出されている国よりは小さい。
日銀のETF買いが、市場関係者の「買い」を誘発したということでしょうか。

日銀が大企業の大株主になるとの批判もありますが、非常時ですからOKだと思います。

ただでさえ国民の気分が落ち込んでいます。
株価が上がれば景気も上がるという「期待」が生まれます。

日銀さん、どんどん買って下さい(^_^)
日銀が買っていると、市場の価格発見機能が発揮されません。直ちにやめるべき。
このタイミングでダウ先物も上げていることからすれば、追加緩和期待というよりも、米経済対策法案可決期待なのでは。
米国で政権と民主党との歩み寄りへの期待と思われる米株先物の上昇とソフトバンクの株価対策の具体化期待が指数の上昇に効いていそう。
1日当たり2000億円規模の日銀砲、年度末であること、権利取りの最終週であること、海外ファンド勢の反対売買、日経平均寄与度の大きいソフトバンクグループなどの自社株買い発表効果等を考慮すると短期間でこの上げが終わる可能性があるということは頭の片隅に置いておきたいですね。
ただ、REITについては3月の急激な下げで泡くった金融機関の決算対策の“ぶん投げ”が終わった感もあり、短期的には一方的な下げは終わりかなと個人的に感じています。