新着Pick
322Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相手に迎合しその場での演技はたやすく見抜かれてしまう。  日ごろから自分の長所短所を見つめ、なりたい姿に向かって努力することと、その場限りの迎合とは違う。
本当に自分とは違う状態では、力を発揮できない。

相手に合わせるのは、表面的に違う自分を演じているだけ。評価された他の人の真似になってしまうこともよくある。

自分の潜在能力を感じてもらうためには、ありのままの自分で臨んだほうがいい。

もちろん相手の力量にもよりますが、自分の本質を見極めてくれる人たちと働きたいものです。
聞き手の立場に立った際に、取り繕っているか、腹を割って話しているかは割と見えやすいが故に、結局のところ後者のほうが信用に足るということになるのだろう。ただ、どうしても打算的になりやすいのが人の性なので、「ありのままの自分」を出すのはそう簡単なことではない。
〉我々の直感に反して、ありのままの自分でいることのほうが、他人の興味や期待に合わせようとするよりも好印象を与える。

自分自身を武器にして直球で勝負することが一番です。
自分自身で勝負するのは怖いことなので、道具やスキルに頼りたくなりますが、どんな物語もラスボスを倒す決め手は強い意志です。

私の講演もプレゼンスキルのセオリーとは完全に真逆ですが、多くの方に満足していただいています。中身のあるものを情熱をもって伝えるから魂まで届くのだと思ってます。
意思が有るか無いか、という問題の様に聞こえますね。

相手を立てること自体は決して悪くない筈です。ただし、相手を立てることだけを考えて、自分を抑え込んでしまってはいけない。これは自分の為だけではなくて、相手の為でもあります。人と出会い、そこでコミュニケーションを図る以上、個と個がぶつかりあって新しい何かを生み出すのが正しいコミュニケーションだからです。自分を抑え込んでしまうと、相手にとっては新たに得られるものが何もなくなってしまうので、その場が何も生み出されない場になってしまいます。そんな場にしてしまうのは、自分にとって勿体ないし、相手にとっては失礼な行為です。
自分をオブラートで包んでも、切れ味がなくなるだけで、良いことはひとつもありません。

素のままの自分が、一番、自分でも自信が持てますし、それで、うまくいかなくても納得できます。

下手にオブラートで包んだ状態で、うまくいかなったら、後悔が残るだけです。

仮に、それでうまく行っても、オブラートは、いずれ剥がれます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
自分らしさの出しどころかポイントだと思います。相手のニーズは汲み取る。何をしてほしいか(what)や何を解決してほしいか(issue)は相手に合わせるが、そこにたどり着くアプローチは自分らしさを出していく。「ありのまま」はアプローチスタイルの話ではないかと考えています。
好きな相手の好みに付き合うのも楽しいよ
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
6.58 兆円

業績