新着Pick

Amazon、世界のベビー服ストアを開設 — 50ブランド、2,000点以上

Venture Now(ベンチャーナウ)総合
アマゾンジャパンは10日、50ブランド、2,000点以上のベビー服、小物、季節アイテムなどを取り揃えた「世界のベビー服ストア」を開設した。
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
祖父母からのプレゼントももちろんあるけど、日常で普通に需要ある。
オンラインショップであまりイケてるところ無いし、オフラインでも意外とベビー服って売ってるとこ少ない。
Amazonは最近結構ファッションに力入れてきてるな。ファッション関連在庫どんどん増やしてるイメージ。
50〜60くらいのおじいちゃんおばあちゃんならAmazonで息子、娘夫婦の家に配送ってのは便利なのかも。
しかも、ブランドとなると西松屋とは被らない。なかなか面白いね。
ベビー服は選ぶのが楽だ

というのは今より大きいサイズを買っておけば、いつかはそのサイズに合う時期がくるから。現物を見る必要性が薄いので、eコマースで重視するのは合理的だと思う
高単価は、返品が多く発生するだろうから、それがあってもビジネスになるように、だと思う(普通の服と同じで返品無料なのだと考えている)。
ベビー服は同じサイズ(たとえば80)だったとしても、感覚値70~100くらいまでバラつきがある。特に腕・足周りの作りがモノによってマチマチで、写真ではそれは分からず実物をかなり見たい。特に海外モノはそう。
安い価格帯ならともかく、この価格帯は失敗したくない。そもそも高い価格買う人は、子供にオシャレさせたいから、サイズがブカブカとかキツキツというのも嫌がるだろうし。
確かにAmazonはギフトに弱い。その足がかりだと見た。
Amazonは、児童書や育児書を買った顧客にレコメンで買わせる気だな。
生活の全てに入り込み始めるAmazonですから。
色々仕掛けるねぇ。すごい目新しいというわけではないけど。マーケットプレイスを使ってベビー服リサイクル市場にでも展開していくのかな?
ズーリリーといい、人々の思考や購買行動は細分化し、高度化し、一般化するな
ベビー服は未だ百貨店が強く、4-50%がギフト需要。異なる対応が必要
期待
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
166 兆円

業績