新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日銀の買い入れにともなう反発もあるかと思います。先週末は過去最大となる2000億円のETF買い入れを実施していて、その後金曜はさらにNYが大きく下げました。
今日も大きな規模の買い入れを実施していても何ら不思議ではありません。
基本的には日銀の買いという需給要因ですね。あと強いて言うなら、五輪延期が確定的になったため、Sell the rumour から Buy the fact に転じた要因もあるでしょう。ついでにSBGの株価も消化不良のまま揺れましたからね。いずれにせよ、乱高下を繰り返しながら下げるという中期シナリオ不変です。
日経平均+2.02%、TOPIX+0.68%、マザーズ+0.41%、REIT+13.75%。
週末の海外の状況からは考えにくいプラス。金曜日はアジアが反発していて(米株は下落)日本株は休場だったのはあるかもしれないが、米株は先物サーキットブレーカーでダウ先物も1540時点で-800ドル超(金曜も-4.55%、-900ドル)。週末の人も多かったし、あとは今日も木曜と同じで個別では変な動きが見えて、素直に反発を受け止められない…
なお、アジア株は1540時点で上海-3.2%、香港-4.9%、韓国-5.3%、台湾-3.7%。
ドル円は今日になって円高に転じており、朝111.0円ほどだったのが今は110.1円ほど。

業種別には非鉄+5.04%、保険+3.91%、倉庫運輸+3.67%、医薬品+3.02%などが強く、空運-5.59%、精密-3.72%、小売-2.74%など7業種がマイナス。
個別では資産売却+自社株買いを発表したソフトバンクG+18.61%のストップ高でこれが日経平均を+100円押し上げている(ただ今日はTOPIXもプラスだった)。あとはファナック+8.49%、アドバンテスト+8.38%なども強い。
一方で、マイナスではJフロント-10.59%(木曜+15.9%)、セブン-9.29%(同+9.1%)、三越伊勢丹-9.00%(同+10.4%)、ダイキン-5.50%(同+5.4%)、テルモ-6.12%(+9.5%)など。木曜日に嫌に上昇していた企業が全部反落。
世界が軒並みマイナスの中、日本だけプラス。
期待と言うより、17000円を死守する猛烈な支えがあり異様な相場となってます。