新着Pick
728Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
好きなものを我慢してまで健康でいたいかどうか。
幸せと思う人が多い国No. 1のフィジーでは、太っているほど美男美女。当然、糖尿病も多く、平均寿命も70歳くらい。フィジーの人に、食べ物を注意したら、と提案しても、彼らは、「健康のために生きているわけではない」と答えるそうです。
結構奥が深い言葉だと思います。

でも、家族のことを考えると健康でいなければ、とも思いますしね。
適度が一番ということでしょうか。
筋トレしてますが、トレーナーから筋トレは食事管理と合わせて初めて成り立つものと言われ。なるほどと。糖質を減らせば体重は減りますが、せっかくついた筋肉も落としてしまう可能性がある。

記事では白い主食を止めよと書かれてますが、私は毎朝玄米を食べることにしました。実は白米と玄米はカロリーという点ではほとんど変わらないのですが(1合で500kcal強)、玄米には食物繊維が多く取り入れられています。かつ玄米は嚙みごたえがあり、少量でも満腹感があります。

玄米にノンオイルツナや塩昆布を入れて炊いたりすると、味のバリエーションも広がります。
「腸内環境の重要性は最近ようやく周知されてきましたが、近年の研究では感染症予防だけでなく脳のパフォーマンスにも影響を与えることがわかってきています。」

脳ー腸の関係を補足すると、意外にも腸から脳への影響は大きい。迷走神経を通じた信号のやり取りは
・脳→腸:10%
・脳←腸:90%

腸内には800万におよぶ微生物の遺伝子が存在し、ヒトゲノム遺伝子の400倍。
脳ー腸ー脳内微生物のシステムが、われわれの感覚・情動・認識に大きな影響を与えている。

=参考=
腸と脳 ー 体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか
https://www.amazon.co.jp/dp/4314011572/
食べることは楽しみでもあり、大切な時間。
健康志向でこのような情報に敏感な人と、頓着しない人など いろいろな考えがあるが、ぜひ読んでみてできるところからやってみよう。 ストレスを感じるほどストイックにはできないが、季節の野菜、魚 など旬を大切にした楽しい食卓を。
病は気からともいいますが、医療はサイエンスであり数値化できる部分が大きいです。そしてそれは健康な時から続けてモニタリングすることでより効果が出ます。血糖測定ではリブレという2週間留置型の血糖測定器があり私もこれでモニタリングをしています。食べるもので自分の体がどのように反応するのかグラフで現れまさに血糖の上げ下げを2週間可視化できます。健康で在る時こそ健康をしっかりモニタリングする習慣をつけたいです。リブレはお勧めします。
満尾先生インタビューの最終回は、「食べるといい食品」と「食べてはいけない食品」です。食事の基本はいかにバランスよく食品を摂るかですが、現代人はともすると「偏食」傾向となってしまいます。満尾先生は、そのバランスのとり方を指南しています。このような論考に関して、1回掲載分の文字数では伝わらない部分もあるので、ぜひ全編合わせて読んでください。また、ベストセラーとなっている『食べる投資』はさらに詳しく書いてあります。
#1【警鐘】日本人のビタミンD欠乏症が、引き起こす「病」
https://newspicks.com/news/4748373
#2【真相】なぜ日本では「正しい栄養学」が軽視されるのか
https://newspicks.com/news/4748406
白米の美味しさを抑制することはできそうにありません。たとえそれが糖質の塊であったとしても。日本人のDNAは農耕民族なのですから。

食パンもうどんも別れることはできません。日本人はそんなに血糖値が高く、肥満が多いのでしょうか。なぜ日本人は長寿なのでしょうか?

おいしいと思うものをバランスよくとって、しっかり運動すればいいのでは、と考えたりもします。
白い主食がダメならば、私は老後資金は心配する必要ないかな?
→いや、父も81歳まで生きたし…

白いごはんを食べている日本人の長寿はどう理解するのか、この記事では説明がつかないのですね。
お魚食べましょう。
鯖缶を味噌汁にすると良いと料理のお兄さんが言ってました。
https://youtu.be/zW8OoZPttg8
健康寿命世界一のシンガポールの食生活はこちら。一部の紹介ではありますが、温かいものや薬膳的なものは確かに色んなところで食べられる。

http://e-asean.net/30307
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。